最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

アーリントンカップの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

※アーリントンカップは昨年までは2月~3月に開催されていましたが、今年からNHKマイルカップのトライアルとなり、4月に移行しました。過去データは参考までに。

 

(1)堅いか荒れるかの両極端

過去10年で馬連3桁配当が3回に対して、万馬券が4回。堅いか荒れるかの両極端。1番人気(3-1-0-6)、2番人気(1-1-0-8)、3番人気(0-2-2-6)らの上位人気馬は揃って信頼は置きにくい。10番人気以下の成績が(0-2-1-32)だから、2桁人気の激走は少ないが、1桁人気の馬ならどれが連対してもおかしくない成績となっている。

 

(2)朝日杯FS組

過去10年の朝日杯FS組の成績は(0-3-0-10)だが、朝日杯が中山競馬場開催から阪神競馬場開催に替わった2015年以降では、コースが同じとあって向上している。2015年以降では(0-2-0-4)で、この中から1.0秒以上負けていた馬を除くと(0-2-0-1)となる。

今回、朝日杯からの直行組はタワーオブロンドンだけだが、前々走で朝日杯を使っていたダノンスマッシュも含めて両馬は勝ち馬から0.7秒以内で合格。

勝ち馬ダノンプレミアムが、2着ステルヴィオとの差が0.6秒だから、ダノンプレミアムを別格とすると、タワーオブロンドンもダノンスマッシュも2着とはほぼ差のない競馬をしている。この2頭は必ず馬券に加えておきたい。

 

(3)1600m以上で3着以内実績

過去10年で馬券になった30頭中25頭は過去1600m以上のレースで3着以内の実績があった。勝馬に関しては10頭全てにこの実績があった。

 

(4)前走新馬戦、未勝利戦組は割引

前走新馬戦だった馬はサンプルは少ないものの(0-0-1-4)の成績。09年1番人気のアイアンルックも4着に敗れている。未勝利戦組は(0-0-0-7)の成績で、こちらはほぼ消しの対象でいい。

 

(5)買ってはいけない

前走500万下で4着以下(0-0-1-12)

前走新馬・未勝利だった馬(0-0-1-11)

前走500万下・未勝利・新馬で6番人気以下(0-0-0-12)

前走重賞・OP特別で10着以下(0-1-0-15)

 

人気データ

1番人気 (3-1-0-6)

2番人気 (1-1-0-8)

3番人気 (0-2-2-6)

4番人気 (2-0-1-7)

5番人気 (2-1-1-6)

6番人気 (1-1-2-6)

7~9人 (1-2-3-24)

10人以下(0-2-1-32)

 

性別データ

牝馬  (0-0-0-4)

牡・セン(10-10-10-91)

 

所属データ

関東(1-1-3-14)

関西(9-9-7-79)

地方(0-0-0-2)

 

枠データ

1枠(1-0-0-10)

2枠(0-2-3-7)

3枠(0-2-3-7)

4枠(2-2-0-11)

5枠(0-0-0-17)

6枠(3-2-0-13)

7枠(0-1-2-17)

8枠(4-1-2-13)

 

脚質データ

逃げ(3-0-2-5)

先行(2-5-2-24)

差し(3-3-2-34)

追込(2-2-4-31)

マクリ(0-0-0-1)

 

前走データ

重賞(5-5-5-26)

├きさらぎ賞(1-0-2-3)

├シンザン記念(3-2-3-5)

└朝日杯FS(0-3-0-10)

 

OP特別(2-2-1-16)

500万下(3-3-3-37)

未勝利(0-0-0-7)

新馬(0-0-1-4)

 

枠の有利不利 やや内枠不利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
桜花賞や阪神JF、朝日杯FSで使用されるコース。クラスが下の場合は先行馬が有利だが、クラスが上のレースになれば差しが有利となる。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想