最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

枠の有利不利 やや内枠不利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
桜花賞や阪神JF、朝日杯FSで使用されるコース。クラスが下の場合は先行馬が有利だが、クラスが上のレースになれば差しが有利となる。

朝日杯フューチュリティSの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

※朝日杯フューチュリティステークスは2013年までは中山芝1600mで開催されていましたが、2014年から阪神芝1600mに変わりました。また、今年から年末に2歳G1レースのホープフルステークスが設けられ、出走馬が適応距離別に分散するものと思われます。不確かな要素が多いので、データは参考までに。

 

(1)阪神に替わってからかは波乱含み

阪神に開催が替わった2014年から昨年16年まで3年連続で2桁人気の馬が馬券になっている。但し、関東馬で当日10番人気以下は(0-0-0-22)の成績だから、2桁人気で激走するのは関西馬。1番人気馬は(3-2-1-4)の成績だが、馬券から外れた4頭も掲示板は外していない。2番人気(2-1-1-6)、3番人気(1-0-2-7)は共にピリッとせず、4番人気(1-2-1-6)、5番人気 (1-1-2-6)も変わらない成績となっている。

 

(2)京王杯2歳ステークス組

2012年~2014年の3年を除いたあとの全ての年で必ず馬券になっているのが京王杯2歳S組(1-5-2-31)。この組の取捨は簡単で、同レースで1着~3着だった馬は(1-5-2-9)で、4着以下だと(0-0-0-22)となる。今回人気の1頭になるであろうタワーオブロンドンにとっては心強いデータだ。また、2着のカシアスや3着のアサクサゲンキも馬券には入れておきたい。

 

(3)キャリア6戦以上は軽視

キャリア別成績では2戦馬が(4-2-1-20)、3戦馬が(3-3-3-41)で、この二つが主力。キャリア6戦以上では(0-0-1-14)の成績で、割引が必要だ。

 

人気データ

1番人気 (3-2-1-4)

2番人気 (2-1-1-6)

3番人気 (1-0-2-7)

4番人気 (1-2-1-6)

5番人気 (1-1-2-6)

6番人気 (1-1-0-8)

7~9人 (1-1-1-27)

10人以下(0-2-2-70)

 

所属データ

関東(6-5-3-39)

関西(4-5-7-94)

地方(0-0-0-1)

 

前走データ

東京スポーツ杯2歳S(2-2-1-14)

京王杯2歳S(1-5-2-31)

デイリー杯2歳S(0-2-2-15)

サウジアラビアRC(0-0-0-1)

萩S(0-0-0-3)

500万下(5-1-4-35)

未勝利・新馬(1-0-0-10)

 

前走距離データ

1200m(0-0-0-18)

1400m(1-6-3-53)

1600m(6-2-6-33)

1800m(2-2-1-27)

2000m(1-0-0-2)

 

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想