最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

枠の有利不利 やや内枠不利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
桜花賞や阪神JF、朝日杯FSで使用されるコース。クラスが下の場合は先行馬が有利だが、クラスが上のレースになれば差しが有利となる。

朝日杯フューチュリティSの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

※朝日杯フューチュリティステークスは2013年まで中山競馬場で行われてきましたが、2014年から阪神競馬場での開催に替わりました。データは参考までに。

 

■ポイント

 

(1)1番人気が堅実

過去10年の1番人気馬は(3-2-2-3)の成績でまずまずの成績。これは中山開催を含むもの。中山競馬場芝1600mコースはトリッキーでコースで、枠による不公平があるが、阪神競馬場1600mは比較的実力どうりの結果が出やすい。先週の阪神JFも1番人気と2番人気の決着となっている。このレースも阪神に替わってからの2回は1番人気馬が(1-1-0-0)の成績だ。2番人気も昨年15年は優勝している。上位人気馬をそのまま信頼したほうが良さそうだ。

 

(2)ステップ

前走は重賞組か500万条件戦の1着馬にほぼ限定される。未勝利・新馬も(1-0-0-6)で昨年15年に優勝馬が出ているが、2番人気に支持されたリオンディーズであり、この組から上位人気に支持されない限りは無視してよさそうだ。500万条件戦は(4-1-4-37)で、馬券になった全ての馬は前走1着だった。

 

(3)優勝馬はデビュー戦で連対

過去10年の優勝馬は全てデビュー戦で連対していた。デビュー戦1着が(8-8-5-76)の成績で、2着は(2-0-1-14)。単勝馬券で勝負するならデビュー戦連対馬だ。

 

(4)関東馬優勢も・・

所属別データでは関東(5-5-3-44)、関西(5-5-7-86)で、関東のほうが優勢だが、これは中山開催が7回あったのも含んでいる。長距離輸送がなくなった関西馬の巻き返しがおこるかもしれない。また、中山を含めての過去10年でも関東馬で当日10番人気以下は(0-0-0-23)の成績。人気薄で激走するのは関西馬。

 

■買ってはいけない

 

(1)単勝100倍以上(0-0-0-33)

(2)関東馬で当日10番人気以下(0-0-0-23)

(3)前走重賞・OP特別で5着以下且つ当日5番人気以下(0-0-0-28)

(4)前走0.6秒以上負けで当日5番人気以下(0-0-0-24)

(5)前走重賞・OP特別で6番人気以下(1-0-0-34)

(6)前走500万下だった馬で5番人気以下(0-0-1-16)

 

人気データ

1番人気 (3-2-2-3)

2番人気 (3-1-1-5)

3番人気 (1-0-2-7)

4番人気 (1-2-1-6)

5番人気 (1-1-2-6)

6番人気 (0-1-0-9)

7~9人 (1-1-1-27)

10人以下(0-2-1-68)

 

性別データ

牝馬  (0-0-0-4)

牡・セン(10-10-10-127)

 

所属データ

関東(5-5-3-44)

関西(5-5-7-86)

地方(0-0-0-1)

 

前走データ

東京スポーツ杯2歳S(3-2-1-14)

京王杯2歳S(1-4-2-34)

デイリー杯2歳S(0-3-2-14)

ファンタジーS(0-0-0-1)

いちょうS(0-0-1-4)

500万下(4-1-4-37)

未勝利・新馬(1-0-0-6)

 

前走距離データ

1200m(0-0-0-20)

1400m(1-5-3-53)

1600m(5-3-6-31)

1800m(3-2-1-25)

2000m(1-0-0-1)

ファンタジーステークス

京王杯2歳ステークス

デイリー杯2歳S

サウジアラビアRC

もみじステークス

野路菊ステークス

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想