最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

枠の有利不利 なし
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
スプリンターとマイラーのどちらもこなしやすいコース。レースの格によって様々だが、スローペースになって逃げ馬が粘ることもある。しかしレースの格が上になると逃げは難しく、好位につけた先行馬か差し馬が優勢。

ファンタジーステークスの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)荒れるレースを念頭に

過去10年で馬連3桁配当はちょうど10年前の07年の1回だけ。10倍台も12年の1回のみ。また、20倍台~40倍台は1回もなく、万馬券は5回もある。まず荒れるレースとして予想すべし。とにかく1番人気(1-2-2-5)、2番人気(1-0-2-7)、3番人気(0-0-3-7)の上位人気馬は信頼できなく、それなら4番人気(3-2-0-5)や5番人気(1-2-1-6)のほうがまだましという成績だ。7番人気以下が(4-3-2-79)の成績で、うち2桁人気馬も5頭が馬券に絡んでいる。

 

(2)ステップレース

ステップレースはこれといったものがない。重賞組が一応(5-3-3-17)の成績。しかし3着以内のうちデイリー杯2歳ステークス組が4頭入っていて、同レースは14年からファンタジーステークスの翌週に移動したため、重賞組の成績を鵜呑みにはできない。500万下(1-3-1-39)や未勝利(2-2-5-17)でもそこそこ馬券になっているので、前走のレースの格にはこだわらないほうがよい。

 

(3)7月末までにデビューしていてデビュー戦3着以内

過去10年で2009年だけを除いたあとの9年で、最低1頭は「7月末までにデビューしていた馬」が連対している。また、これらの該当馬は合計12頭いるが、2008年1着だった門別競馬デビューのイナズマアマリリスを除いた11頭は全てデビュー戦3着以内だった。

この「7月末までにデビュー」と「デビュー戦3着以内」の条件を今回の出走予定馬に当てはめてみると、レグルドール、コーディエライト、アマルフィコースト、アーゼルワイデの4頭が該当する。これらの中から最低1頭は連対する可能性は高い。

 

(4)買ってはいけない

キャリア2戦以下で8番人気以下(0-0-1-30)

前走500万下で3着以下(0-0-0-28)

前走500万下・未勝利・新馬で5番人気以下(0-0-0-36)

 

人気データ

1番人気 (1-2-2-5)

2番人気 (1-0-2-7)

3番人気 (0-0-3-7)

4番人気 (3-2-0-5)

5番人気 (1-2-1-6)

6番人気 (0-1-0-9)

7~9人 (2-2-0-26)

10人以下(2-1-2-53)

 

所属データ

関東(1-0-1-12)

関西(9-10-9-106)

 

枠データ

1枠(1-2-0-11)

2枠(0-3-0-12)

3枠(2-1-2-13)

4枠(3-0-1-14)

5枠(1-0-4-15)

6枠(1-1-1-16)

7枠(1-0-1-19)

8枠(1-3-1-18)

 

脚質データ

逃げ(1-3-0-6)

先行(6-1-4-22)

差し(1-6-3-56)

追込(2-0-3-34)

 

前走データ

重賞  (5-3-3-17)

OP特別 (1-1-1-23)

500万下(1-3-1-39)

未勝利 (2-2-5-17)

新馬  (1-1-0-20)

 

 

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想