最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

フラワーカップの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

※2011年は阪神芝1800m・外で行われています

※2014年は2着同着あり

 

■ポイント

 

(1)中穴狙い

過去10年(2014年は2着同着あり)の馬連配当は11回あり、そのうち10回が10倍台~20倍台。残る1回が万馬券となっている。大きく荒れるレースではなさそうだ。1番人気馬が(4-3-1-2)の成績で好成績。2番人気(1-1-3-5)、3番人気(2-1-0-7)がピリッとしないが、1番人気が安定している分、波乱は少ない。

 

(2)ステップ

主要ステップはこれといってない。重賞組が(2-4-1-32)の成績に対して、前走500万下条件組が(6-4-7-53)の成績。軸にするなら断然前走500万組だ。

 

(3)前走500万組の当日上人気馬を狙え

前走500万条件組で、そのレースで1着だった馬は(5-2-3-7)と好走率が高い。昨年16年は、この条件に該当した馬がゲッカコウただ1頭だったが、2着好走した。また、この前走500万条件組で1着だった馬が、当日1番人気~5番人気に入れば(5-2-3-2)という、ほぼ馬券になる確率で好走する。

今回で見れば、ファンディーナとデアレガーロの2頭が該当する。これらは無条件で馬券に加えるべきだ。

 

(4)関東馬で1番人気

所属別データでは、関東馬(7-8-6-91)、関西馬(3-3-3-39)の成績で、出走頭数から見れば複勝率はほぼ互角とみていい。しかし関西馬のワンツーは11年の阪神競馬場での開催年のみで、これを考えれば関東馬やや優勢といえる。この関東馬で当日1番人気なら(3-1-1-0)と現在パーフェクトで馬券に絡んでいる。

 

(5)キャリア1、2戦馬で4番人気以下は割引

過去10年でキャリアが1戦~2戦の馬は(2-2-1-29)の成績。この馬券になった5頭は全て当日3番人気以内だった。キャリアが1戦~2戦の馬で4番人気以下は(0-0-0-24)と全く馬券になっていない。先述したファンディーナとデアレガーロの2頭はどちらもキャリア2戦馬。当日の単勝人気のチェックを忘れずに。

 

■買ってはいけない

 

(1)キャリア2戦以内で当日4番人気以下(0-0-0-24)

 

人気データ

1番人気 (4-3-1-2)

2番人気 (1-1-3-5)

3番人気 (2-1-0-7)

4番人気 (0-2-0-8)

5番人気 (1-0-0-9)

6番人気 (1-2-1-6)

7~9人 (0-1-1-28)

10人以下(1-1-3-65)

 

所属データ

関東(7-8-6-91)

関西(3-3-3-39)

 

枠データ

1枠(2-0-0-15)

2枠(1-1-2-13)

3枠(2-1-0-15)

4枠(1-2-1-14)

5枠(1-1-4-12)

6枠(1-1-1-15)

7枠(1-2-0-15)

8枠(0-2-0-16)

 

脚質データ

逃げ(5-0-0-4)

先行(3-3-1-25)

差し(1-5-5-48)

追込(0-2-2-38)

 

前走データ

重賞(2-4-1-32)

├クイーンC(1-1-0-19)

├チューリップ賞(1-0-1-6)

├フェアリーS(0-1-0-2)

├京成杯(0-1-0-1)

├アルテミスS(0-1-0-0)

└阪神JF(0-0-0-4)

OP特別(0-1-0-5)

500万下(6-4-7-53)

新馬(1-0-0-14)

未勝利(1-3-1-24)

 

前走距離データ

1200m  (0-0-0-4)

1400m  (1-1-1-13)

1600m  (6-4-3-61)

1800m  (2-3-4-36)

2000m  (1-2-0-10)

2200m以上(0-1-1-2)

 

 

枠の有利不利 若干内枠有利
脚質の有利不利 逃げ~先行有利
コースの傾向分析
小回りで4つのコーナーを回るためペースがそれほど上がることはない。そのため先行馬が有利で、単騎逃げなどはペースが遅いと逃げ残ることもある。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想