最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

府中牝馬ステークスの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)中穴以上

過去10年で馬連3桁配当は1回もない。一方、万馬券は2回。10倍台が4回あり、中穴以上が狙い目。1番人気(0-4-2-4)、2番人気(0-1-3-6)、3番人気(1-1-2-6)の上位人気馬はピリッとしない。4番人気(5-1-0-4)が5勝も挙げていて、7番人気以下も3勝を挙げている。

 

(2)ステップレースは夏を使ってきた馬が優勢

夏に使っていた馬が優勢で、特にクイーンステークス組が(3-3-1-23)の好成績。OP特別組も(2-2-1-9)で好成績を挙げている。ヴィクトリアマイル組や、今回は該当馬がいないが安田記念組などの前走が春のG1だった馬はイマイチ振るわず、ヴィクトリアマイルは(1-0-1-9)の成績。安田記念(0-0-0-5)も含めて、この中には1番人気~3番人気が6頭も含まれていながらこの成績。

 

(3)クイーンステークス組の取捨

前走がクイーンステークス(3-3-1-23)だった馬で馬券になった7頭中、意外にも同レースで連対していた馬は1頭しかいない。あとの6頭は3着~7着までの成績だった。クイーンステークスはコーナー4つの小回りコースで行われるため、差しが届かなかったケースがあり、広いコースと長い直線の東京で巻き返すことが多い。目安は、4コーナーで4コーナーで6番手~10番手につけていた馬は、府中牝馬ステークスでは(2-2-1-2)と好走率が極めて高い。

今回の出走馬でみるとアドマイヤリードとクインズミラーグロが該当する。この2頭は必ず馬券に加えておくべきだ。

 

(4)外枠優勢

東京芝1800mはスタートしてすぐにコーナーがあるトリッキーなコースで、内枠が有利が定説。しかしこのレースに限っては外枠が圧倒的に好成績を挙げている。過去10年では7枠(4-0-1-17)、8枠(3-3-2-17)だが、特に2010年以降では7枠(4-0-1-9)、8枠(2-2-2-11)で、近年さらにその傾向が顕著だ。

 

(5)前走中山出走馬は割引

前走が中山競馬場だった馬は(0-0-0-19)で全く馬券になっていない。この中には京成杯オータムハンデやオールカマーなど、牡馬相手に戦ってきた馬がいるにも関わらずだ。

東京と中山では求められる脚質が全く違うというのを表しているのかもしれない。

 

(6)6歳以上馬は割引

6歳以上馬は過去10年で(0-1-2-29)の成績。第1回から振り返ってもまだ未勝利だ。6歳以上馬の単勝や、連でも頭では買えない。

 

(7)外国人騎手は買い

外国人騎手の成績が(2-3-0-1)と、ほぼ連対していると言っていいほどの確率。15年と16年の現在2年連続でデムーロとルメールのワンツーフィニッシュ。両騎手騎乗馬は要チェック。

 

(8)買ってはいけない

関西馬で単勝オッズ50倍以上(0-0-0-28)

 

人気データ

1番人気 (0-4-2-4)

2番人気 (0-1-3-6)

3番人気 (1-1-2-6)

4番人気 (5-1-0-4)

5番人気 (1-2-1-6)

6番人気 (0-0-0-10)

7~9人 (1-0-1-28)

10人以下(2-1-1-64)

 

馬齢データ

3歳 (0-0-2-0)

4歳 (5-3-4-43)

5歳 (5-6-2-56)

6歳 (0-1-2-19)

7歳上(0-0-0-10)

 

所属データ

関東(2-4-3-59)

関西(8-6-7-69)

 

枠データ

1枠(0-2-2-13)

2枠(1-1-0-15)

3枠(0-1-2-14)

4枠(2-2-0-16)

5枠(0-1-2-17)

6枠(0-0-1-19)

7枠(4-0-1-17)

8枠(3-3-2-17)

 

脚質データ

逃げ(1-0-0-10)

先行(3-6-3-22)

差し(3-1-4-60)

追込(3-3-3-36)

 

前走データ

重賞(7-8-7-91)

├クイーンS(3-3-1-23)

├新潟記念(1-1-0-9)

├ヴィクトリアマイル(1-0-1-9)

├札幌記念(1-0-1-4)

├小倉記念(1-0-0-1)

├京成杯AH(0-0-0-7)

└マーメイドS(0-1-2-15)

 

OP特別(2-2-1-9)

1600万下(1-0-1-20)

1000万下(0-0-1-6)

 

 

枠の有利不利 内枠~中枠有利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
スタートからすぐに最初のコーナーがあるトリッキーにコースのため枠は中枠より内が有利。向う正面ではペースが落ち着くことが多く、そのため逃げ馬も粘れることもある。しかし少しでもペースが早くなると逃げでは苦しく、差しが有利になってくる。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想