最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

京阪杯の過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

■頭に叩き込んでおけ

 

(1)堅いか荒れるかの両極端

昨年15年は1着~5着までが1番人気~5番人気で収まるという平穏な決着となったが、11年~14年までは3年連続で馬連万馬券だった。馬連3桁~10倍台が4回ある一方、万馬券も4回という、堅いか荒れるかの両極端となっている。

 

(2)ステップ

ステップレースは、スワンS(2-4-3-23)、OP特別(4-6-5-80)、1600万下(3-0-0-7)で合計(9-10-8-110)だから、これで馬券のほとんどを占める。このほかではスプリンターズS(1-0-1-14)が2頭の馬券対象馬を出している。

 

(3)連対条件

過去10年の連対馬20頭中15頭は前走のレースの格に関係なく5着以内だった。例外の6着以下から巻き返した5頭中4頭は前走がスワンステークスだった。つまりスワンステークス以外の組は前走5着以内が連対のほぼ必須条件となる。今回の登録馬を見てみると、スワンステークス組以外で6着以下に敗れていた馬は案外多く、馬連馬券に関しては頭数を絞れるかもしれない。

 

(4)3歳~5歳が主役

3歳(3-2-2-26)、4歳(3-4-1-28)、5歳(3-4-3-33)の成績で、これらにほとんど差は見られないが、6歳(1-0-4-30)となると連対は厳しくなり、7歳以上(0-0-0-24)はほぼ用なし。

 

(5)牝馬が若干優勢

性別データでは牝馬(3-4-4-43)、牡・セン(7-6-6-98)となっており、出走頭数からみて牝馬のほうがやや優勢だ。特にサンアディユ(07年1着)、ウエスタンダンサー(08年1着)、アンバルブライベン(14年1着)は前走牡馬・牝馬混合のオープンクラスに出走し、1番人気、2番人気に支持されて連対していた。これらの3頭は当レースも5番人気以内に支持されていおり、このパターンに該当する牝馬には要注意。今回の出走馬をみると、クリスマス、メラグラーナあたりが合格ラインか。

 

■買ってはいけない

 

(1)単勝オッズ50倍以上(0-0-2-57)

(2)7歳以上(0-0-0-24)

(3)前走OP特別で4番人気以下且つ6着以下(0-0-0-41)

 

人気データ

1番人気 (2-2-0-6)

2番人気 (1-0-3-6)

3番人気 (0-4-0-6)

4番人気 (3-1-0-6)

5番人気 (1-0-3-6)

6番人気 (0-0-0-10)

7~9人 (2-1-0-27)

10人以下(1-2-4-74)

 

馬齢データ

3歳 (3-2-2-26)

4歳 (3-4-1-28)

5歳 (3-4-3-33)

6歳 (1-0-4-30)

7歳上(0-0-0-24)

 

性別データ

牝馬  (3-4-4-43)

牡・セン(7-6-6-98)

 

所属データ

関東(2-1-1-36)

関西(8-9-9-105)

 

枠データ

1枠(1-2-0-15)

2枠(4-1-0-15)

3枠(2-1-3-14)

4枠(1-2-1-16)

5枠(1-0-3-16)

6枠(0-2-1-17)

7枠(1-0-2-23)

8枠(0-2-0-25)

 

脚質データ

逃げ(2-2-0-6)

先行(6-0-3-29)

差し(1-7-6-58)

追込(1-1-1-48)

 

前走データ

重賞(3-4-5-52)

├スプリンターズS(1-0-1-14)

├スワンS(2-4-3-23)

├セントウルS(0-0-1-3)

└北九州記念(0-0-0-3)

 

OP特別(4-6-5-80)

1600万下(3-0-0-7)

 

枠の有利不利 なし
脚質の有利不利 逃げ~先行有利
コースの傾向分析
AコースとBコース使用時は逃げ~先行が圧倒的に有利で、Cコース、Dコース時には差しも台頭してくる。

スプリンターズS

スワンステークス

セントウルステークス

オパールステークス

ルミエールオータムD

セプテンバーS

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想