最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

京王杯スプリングカップの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

枠の有利不利 なし
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
東京1400mは他の競馬場の1400mコースよりもタフなため、マイラーくらいの実績はほしい。ペースは最初スローから、後半の上がりの勝負になりやすい。1200m以下でしか実績のない馬は厳しい。

■ポイント

 

(1)中穴以上

過去10年で馬連3桁~10倍台は1回もない。万馬券は2回で、中穴以上が馬券の狙い目。

1番人気(1-0-1-8)はほとんどあてににならないが、2番人気(1-2-3-4)と3番人気は(1-2-2-5)人気なりの成績を残している。7番人気以下が(3-3-3-100)で、馬券の3分の1を占め、人気薄の激走があるので要注意。

 

(2)ステップ

最重要ステップは高松宮記念組で(3-1-4-24)の成績。この組は高松宮記念での着順は全く関係なく、14年、17着から1着になったレッドスパーダや、15年、8着から1着になったサクラゴスペルなどかいる。出走頭数が多いわりに馬券になる馬が少ないのがダービー卿CT組で(2-0-1-22)の成績。また、前走OP特別組(0-2-2-39)よりも格上挑戦した1600万下組(2-1-1-10)のほうが成績が良い。

 

(3)完全に上がり勝負

脚質別データをみると、差し(7-5-4-59)、追込(1-3-2-39)となっており、完全に上がり勝負のレースとなっている。中団から後ろにつけてレースを運び、最後の直線での上がりの脚がある馬を中心視すべきだろう。

 

(4)5歳馬が他を圧倒

5歳馬の成績が(6-3-3-30)で、4歳(2-0-3-45)、6歳(0-4-3-33)を圧倒している。また、7歳以上(2-3-1-31)の高齢馬でも十分通用しているため、軽視は禁物。ちなみに4歳馬で当日8番人気以下は(0-0-0-26)の成績で全く買えない。

 

 

(5)前走高松宮記念以外で1200m戦出走馬は割引

前走1200m戦組は(3-2-5-55)の成績だが、この馬券になった馬のほとんどが高松宮記念組で、それ以外で前走1200m戦組は(0-1-1-31)。

 

■買ってはいけない

 

(1)単勝オッズ50倍以上(0-0-1-53)

(2)4歳馬で当日8番人気以下(0-0-0-26)

(3)前走斤量55kg以下の牡・セン馬(0-0-0-20)

(4)関西所属騎手で当日6番人気以下(0-0-0-24)

 

人気データ

1番人気 (1-0-1-8)

2番人気 (1-2-3-4)

3番人気 (1-2-2-5)

4番人気 (2-0-0-8)

5番人気 (2-2-0-6)

6番人気 (0-1-1-8)

7~9人 (1-2-2-25)

10人以下(2-1-1-75)

 

馬齢データ

4歳 (2-0-3-45)

5歳 (6-3-3-30)

6歳 (0-4-3-33)

7歳上(2-3-1-31)

 

性別データ

牝馬  (1-1-0-13)

牡・セン(9-9-10-126)

 

所属データ

関東(4-2-4-67)

関西(6-8-6-71)

地方(0-0-0-1)

 

枠データ

1枠(0-1-1-16)

2枠(0-1-2-17)

3枠(1-2-1-16)

4枠(1-0-3-16)

5枠(2-1-0-17)

6枠(3-2-1-14)

7枠(3-2-2-17)

8枠(0-1-0-26)

 

脚質データ

逃げ(0-1-2-7)

先行(2-1-2-34)

差し(7-5-4-59)

追込(1-3-2-39)

 

前走データ

重賞(8-7-7-88)

├高松宮記念(3-1-4-24)

├東京新聞杯(1-3-0-1)

├ダービー卿CT(2-0-1-22)

├マイラーズC(1-2-1-17)

└阪神牝馬S(1-1-0-7)

 

OP特別(0-2-2-39)

├谷川岳S(0-1-1-10)

└春雷S(0-0-0-10)

 

1600万下(2-1-1-10)

 

前走距離データ

1200m  (3-2-5-55)

1400m  (1-3-2-18)

1600m  (5-5-3-61)

1800m以上(1-0-0-5)

 

 

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想