最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

京王杯2歳ステークスの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

■頭に叩き込んでおけ

 

(1)中穴以上で波乱も

過去10年で馬連の最低配当は20倍台で、万馬券も3回出ている。理由は上位人気馬の不甲斐なさで、1番人気(1-1-2-6)、2番人気(1-1-1-7)、3番人気(2-0-1-7)の成績。7番人気以下が10頭も馬券に絡んでいて、2桁人気でも1(2-1-2-55)の成績。狙いは中穴以上で。

 

(2)ステップ

ステップレースの格は全く関係なく、重賞(4-1-2-23)、OP特別(3-3-3-31)、500万下(1-1-3-30)、未勝利(0-4-2-22)、新馬(2-1-0-13)とまんべんなく馬券対象馬が出ている。但し500万条件戦だけは当日6番人気以下なら(0-0-0-27)の成績で全く馬券になっていないため、この組は上位人気のみ買い。

 

(3)誕生月に注目

この時期の2歳戦とあって、生まれた月の早いほうが活躍している。1月生まれは(1-2-1-7)、2月生まれは(4-1-1-16)、3月生まれ(2-2-3-40)と、4月生まれ(3-2-4-38)早いほうが好走率が高い。なお5月以降生まれは(0-3-1-19)と軸では買いづらい。

今回の出走予定馬を見渡して、1月生まれは該当馬なしで、2月生まれはコウソクストレート、ディバインコード、モンドキャンノの3頭。3月生まれ以降は出走馬が確定してから確認して頂きたい。

 

(4)10k以上の馬体重減はむしろ買い

2歳馬の成長時に馬体重減は嫌われがちだが、前走から10k以上の馬体重減で臨んだ馬は(1-3-1-3)と好走率が高い。当日の馬体重は要チェック。

 

(5)左回りで3着以内の経験

過去10年で08年を除いたあとの過去9年すべての年で、左回りのコースで3着以内に入ったことのある馬が必ず1頭は連対している。左回りといえば東京、中京、新潟になるが、過去これらのコースで3着以内に入ったことのある馬に注目。

 

(6)穴はキャリア2戦の関西馬

キャリア2戦馬は(5-4-3-27)で好成績を残しているが、これを関西馬に限定すると(3-3-3-11)と好走率がぐんとアップする。これらの馬券になった9頭の人気は最高2番人気が1頭いるだけで、あとはほとんどが下位人気馬。波乱を呼ぶのはキャリア2戦の関西馬だ。

 

■買ってはいけない

 

(1)前走500万下だった馬で当日6番人気以下(0-0-0-27)

(2)牝馬で当日5番人気以下(0-0-0-26)

(3)前走500万下で4着以下(0-0-0-15)

(4)前走ダート(0-0-0-13)

 

人気データ

1番人気 (1-1-2-6)

2番人気 (1-1-1-7)

3番人気 (2-0-1-7)

4番人気 (0-2-2-6)

5番人気 (3-0-0-7)

6番人気 (0-3-0-7)

7~9人 (1-2-2-25)

10人以下(2-1-2-55)

 

性別データ

牝馬  (0-1-0-28)

牡・セン(10-9-10-92)

 

所属データ

関東(4-5-3-80)

関西(6-5-7-39)

地方(0-0-0-1)

 

脚質データ

逃げ(2-0-3-5)

先行(4-5-5-25)

差し(3-4-2-53)

追込(1-1-0-37)

 

枠データ

1枠(1-2-1-9)

2枠(1-2-2-11)

3枠(1-2-1-15)

4枠(1-2-3-13)

5枠(1-1-0-18)

6枠(2-0-0-18)

7枠(0-1-2-18)

8枠(3-0-1-18)

 

前走データ

重賞(4-1-2-23)

OP特別(3-3-3-31)

500万下(1-1-3-30)

未勝利(0-4-2-22)

新馬(2-1-0-13)

 

枠の有利不利 なし
脚質の有利不利 先行~差し有利

コースの傾向分析
東京1400mは他の競馬場の1400mコースよりもタフなため、マイラーくらいの実績はほしい。ペースは最初スローから、後半の上がりの勝負になりやすい。1200m以下でしか実績のない馬は厳しい。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想