最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

マーチステークスの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)波乱必至

過去10年で馬連万馬券は4回。中には8万馬券すらある。3桁~10倍台は1回もなく、20倍台が2回。あとは高めの4桁配当。とにかく下位人気馬がほぼ必ず激走し、6番人気以下の合計が(6-6-3-94)なのだから、荒れるのもわかる。

 

(2)ステップレース

前走中央のダート重賞レースだった馬が(4-1-2-20)の成績で、好走率からすれば一応メンツは保っている。しかし地方重賞(2-2-0-20)、OP特別(3-6-6-60)を合わせると馬券になった馬は圧倒的に多く、前走中央重賞組だからといって過信は厳禁。また、1600万下条件組も(1-1-2-15)の成績で軽視できず、前走のレースの格は全く関係ない。

 

(3)仁川ステークス組

仁川ステークス組が(2-1-4-17)の成績で好走率が高い。この仁川ステークス組が出走すれば必ず最低1頭は馬券になっていたが、昨年17年にこの記録は途切れた。変わって同じオープン特別の総武S(1-3-0-9)組も好成績で、この馬券になった4頭は全て近3年のもの。現時点では登録馬の数も多くわからないが、仁川ステークス組、総武ステークス組が出走すれば、いっそのことそれを軸にして馬券を組み立てるのも一考。

 

(4)仁川ステークス組は4着以内、総武ステークス組は6着以内

先述したこの2つのオープン特別のレースだが、仁川ステークス組で馬券になったのは全て同レースで4着以内に入っていた。また総武ステークス組は全て同レースで6着以内。このあたりがボーダーラインといえる。

 

(5)前走フェブラリーステークス以外のレースで7着以下

過去10年の3着以内30頭中27頭は前走レースの格に関わらず6着以内だった。残りの3頭中2頭はフェブラリーステークスだった。

 

(6)買ってはいけない

8歳以上(0-0-0-17)

関東馬で単勝オッズ50倍以上(0-0-0-17)

追込(1-0-0-46)

前走中央ダート重賞以外で10着以下(0-0-0-26)

 

※ご案内

この度、ホームページをリニューアルしました。

まだ作成中ですが、予想コンテンツはご覧いただけます。

こちらへアクセスしてください。

 

           ↓ ↓ ↓ ↓

 

人気データ

1番人気 (1-1-2-6)

2番人気 (1-2-2-5)

3番人気 (1-0-2-7)

4番人気 (1-0-0-9)

5番人気 (0-1-1-8)

6番人気 (2-3-1-4)

7~9人 (3-1-1-25)

10人以下(1-2-1-65)

 

馬齢データ

4歳 (2-4-2-25)

5歳 (3-0-5-31)

6歳 (3-5-2-37)

7歳 (2-1-1-19)

8歳上(0-0-0-17)

 

性別データ

牝馬  (0-1-0-3)

牡・セン(10-9-10-126)

 

所属データ

関東(3-3-4-51)

関西(7-7-6-75)

地方(0-0-0-3)

 

枠データ

1枠(0-0-3-15)

2枠(2-3-1-12)

3枠(0-1-1-15)

4枠(0-1-1-16)

5枠(0-1-1-16)

6枠(3-0-0-15)

7枠(1-0-1-16)

8枠(3-3-1-11)

 

脚質データ

逃げ(1-1-0-8)

先行(4-4-3-21)

差し(3-3-6-40)

追込(1-0-0-46)

マクリ(0-1-0-1)

 

ハンデ別データ

50kg以下(0-0-0-1)

51kg  (0-0-0-1)

52kg  (0-0-0-1)

53kg  (0-0-0-5)

54kg  (1-1-1-22)

55kg  (2-4-2-28)

55.5kg (0-0-0-0)

56kg  (2-3-2-28)

56.5kg (0-0-1-5)

57kg  (0-1-1-19)

57.5kg (2-0-1-10)

58kg  (3-1-2-6)

58.5kg (0-0-0-3)

 

前走データ

中央重賞(4-1-2-31)

├ダート重賞(4-1-2-20)

└芝重賞(0-0-0-11)

 

地方重賞(2-2-0-20)

 

OP特別(3-6-6-60)

├総武S(1-3-0-9)

└仁川S(2-1-4-17)

 

1600万下(1-1-2-15)

 

 

 

枠の有利不利 内枠やや不利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
スタートしてから最初のコーナーまで距離があるため、ゆったりと流れやすい。そのため先行馬が有利。しかし先行有利のあまり先行争いが激しくなると差しが決まる。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想