最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

武蔵野ステークスの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

枠の有利不利 外枠有利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
G1ではフェブラリーステークスが行われるコース。ダートでありながらスピードがかなり要求される。スローなペースにはなりにくく、タイムもフェブラリーステークスでは芝なみのタイムが出ることもある。

■頭に叩き込んでおけ

 

(1)波乱傾向から安定へ

09年は馬連万馬券がで、翌年10年も58倍という高めの配当だったが、11年~14年までは全て馬連10倍台。昨年15年は32倍ついたが、比較的落ち着き始めている印象。

1番人気馬は(2-3-2-3)と複勝率70%は上々。安定し始めた11年以降、昨年まで毎年馬券に絡んでいる。2番人気馬は(2-0-0-8)と精彩を欠くが、昨年15年は1着だった。

 

(2)ステップ

ステップは様々だが、主力はグリーンチャンネルC(2-2-2-14)(13年まではベセウスS、14年はエルコンドルパサーM、15年からグリーンチャンネルC)とジャパンダートダービー(1-0-1-3)、1600万下(2-0-2-11)。

 

(3)前走1600万条件組は3歳馬

前走1600万下(2-0-2-11)の馬齢別内訳を見ると、3歳(2-0-1-1)、4歳馬(0-0-1-4)、5歳馬(0-0-0-6)となっており、圧倒的に3歳馬が強い。今回前走1600万で3歳馬はロンドンタウン1頭のみ。同馬は必ず馬券に加えておきたい。

 

(4)関西馬強し、関東馬は人気馬のみ

所属別成績では関東(2-1-3-37)、関西(8-9-7-89)となっており、圧倒的に関西馬が強い。昨年15年は関東馬ノンコノユメが勝ったが、同馬は2番人気馬であるように、関東馬で連対した3頭は全て1番人気か2番人気だった。関東馬が1番、2番人気にならない限りは来ても3着まで。

 

(5)前走6着以下からの連対は困難

過去10年の連対馬20頭中、前走6着から巻き返したのは3頭のみ。この3頭中2頭は東京競馬場での重賞勝ち実績があった。今回の登録馬の中で前走6着以下に敗れてはいるが、東京ダートで重賞勝ち実績があるのはワイドバッハのみ。人気の1頭になるであろうノボバカラはこれがない。来ても3着までか。

 

(6)2枠~4枠の関西馬

過去10年で2枠~4枠に入った馬が好成績を挙げていて、(6-2-5-45)の成績。これを好走確率の高い関西馬で絞ると(5-2-3-23)と一気に跳ね上がる。2枠~4枠の関西馬(3歳~6歳馬)に要注意。

 

(7)前走4番人気以内

前走のレースの格に関わらず、4番人気以内だった馬は(10-10-6-65)で、5番人気以下は(0-0-4-60)。馬連馬券や単勝勝負なら前走5番人気以下は消しでよさそうだ。

 

■買ってはいけない

 

(1)10番人気以下(0-1-1-64)

(2)単勝オッズ50倍以上(0-1-0-59)

(3)7歳以上(0-0-1-30)

(4)関東馬で当日9番人気以下(0-0-0-22)

(5)前走5番人気以下且つ当日10番人気(0-0-0-41)

(6)前走から距離延長だった馬で当日8番人気以下(0-1-0-36)

 

人気データ

1番人気 (2-3-2-3)

2番人気 (2-0-0-8)

3番人気 (0-1-1-8)

4番人気 (1-3-0-6)

5番人気 (2-1-0-7)

6番人気 (1-1-2-6)

7~9人 (2-0-4-24)

10人以下(0-1-1-64)

 

馬齢データ

3歳 (4-1-3-18)

4歳 (1-2-2-20)

5歳 (5-4-1-32)

6歳 (0-3-3-26)

7歳上(0-0-1-30)

 

性別データ

牝馬  (0-0-1-7)

牡・セン(10-10-9-119)

 

所属データ

関東(2-1-3-37)

関西(8-9-7-89)

 

枠データ

1枠(0-2-1-15)

2枠(2-1-1-14)

3枠(2-1-2-15)

4枠(2-0-2-16)

5枠(0-0-1-19)

6枠(2-2-2-14)

7枠(0-2-1-17)

8枠(2-2-0-16)

 

脚質データ

逃げ(2-0-0-8)

先行(2-5-4-28)

差し(4-4-3-48)

追込(2-1-3-42)

 

前走データ

プロキオンS(1-0-0-4)

エルムS(0-0-0-11)

マリーンS(0-0-1-2)

グリーンチャンネルC(2-2-2-14)

室町S(0-1-0-5)

アハルテケS(0-1-0-2)

ジャパンダートダービー(1-0-1-3)

日本テレビ盃(0-1-1-2)

東京盃(1-0-0-4)

1600万下(2-0-2-11)

 

前走距離データ

1200m以下(1-1-0-16)

1400m  (3-2-2-36)

1600m  (1-5-3-20)

1700m  (1-0-1-16)

1800m  (1-2-3-15)

2000m  (2-0-1-10)

2100m以上(1-0-0-12)

 

 

 

 

ジャパンダートダービー

日本テレビ盃

東京盃

グリーンCC

ラジオ日本賞

麦秋ステークス

秋嶺ステークス

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想