最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

中山牝馬ステークスの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)波乱含みだが近年は堅実

1番人気(1-2-1-6)、2番人気(0-1-0-9)、3番人気(1-0-1-8)の上位人気馬はどれも頼りない。しかし、1番人気馬は近4年で見ると1度しか馬券から外れていない。また、2015年からの3年では馬連配当が14倍、9倍、22倍と、比較的堅いほうへと変わりつつある。

しかし2016年のように、1番人気馬が2着に入りながらも3着には15番人気が飛び込んでいるように、下位人気馬の激走も十分にある。

 

(2)ステップレース

主力は愛知杯組で(3-1-2-18)の成績。愛知杯が12月開催から1月開催へ変更された2016年以降も2年連続で馬券になっている。他には大まかにみるとOP特別(2-1-1-19)、1600万下(1-4-1-18)から馬券対象馬が出ているが、それでも前走重賞組(7-6-7-88)から軸にするのがセオリー。

 

(3)愛知杯組は関東所属騎手騎乗馬

先述の愛知杯組(3-1-2-18)だが、関東所属騎手の場合は(3-1-2-13)で、関西所属騎手なら(0-0-0-5)。さらに関東所属騎手騎乗馬が馬体重460k以上の馬に騎乗した場合は(3-1-2-8)と好成績。現在4年連続で馬券になっている。

 

(4)前走レース距離は2000mが主力

これはもちろん愛知杯も含まれるのだが、前走距離別成績では2000m(5-3-3-33)が一番好走率が高い。さらにこの中からそのレースで2桁着順だった馬(0-0-1-14)を除くと(5-3-2-19)となり、好走率で2000mに次ぐ成績の1600m(3-4-5-43)を一層上回る。

 

(5)ハンデは53kか54kの馬を軸に

ハンデ別成績では、53k(5-2-3-33)、54k(3-4-1-20)で、この斤量が他を圧倒。14年以降現在4連勝中で、15年は1着~3着を独占した。

 

(6)買ってはいけない

前走10着以下の4歳馬(0-0-0-20)

関西馬で10番人気以下(0-0-1-26)

前走から3kg以上斤量減(0-1-0-17)

 

人気データ

1番人気 (1-2-1-6)

2番人気 (0-1-0-9)

3番人気 (1-0-1-8)

4番人気 (3-2-0-5)

5番人気 (1-0-1-8)

6番人気 (2-0-0-8)

7~9人 (1-2-2-25)

10人以下(1-4-4-61)

 

馬齢データ

4歳 (2-3-1-57)

5歳 (5-4-4-38)

6歳 (3-4-2-29)

7歳上(0-0-2-12)

 

所属データ

関東(6-7-6-63)

関西(4-4-3-67)

 

枠データ

※2011年阪神開催除く

1枠(0-0-2-15)

2枠(3-0-2-13)

3枠(1-1-1-15)

4枠(1-3-0-14)

5枠(1-2-0-15)

6枠(2-0-1-15)

7枠(0-3-0-14)

8枠(1-1-2-14)

 

脚質データ

逃げ(1-1-0-7)

先行(3-2-1-26)

差し(5-5-4-39)

追込(0-2-3-42)

マクリ(0-0-0-1)

 

ハンデ別データ

50kg以下(0-0-0-8)

51kg  (0-2-0-10)

52kg  (0-1-1-15)

53kg  (5-2-3-33)

54kg  (3-4-1-20)

55kg  (0-0-2-26)

55.5kg (0-0-0-3)

56kg  (1-2-1-12)

56.5kg (1-0-1-2)

57kg  (0-0-0-1)

57.5kg (0-0-0-0)

58kg以上(0-0-0-0)

 

前走データ

重賞(7-6-7-88)

├愛知杯(3-1-2-18)

├京都牝馬S(1-0-4-23)

├東京新聞杯(1-1-0-1)

├エリザベス女王杯(1-0-0-12)

└日経新春杯(1-0-1-0)

 

OP特別(2-1-1-19)

├アンドロメダS(1-0-0-0)

└白富士S(1-0-1-3)

 

1600万下(1-4-1-18)

1000万下(0-0-0-4)

 

 

枠の有利不利 若干内枠有利
脚質の有利不利 逃げ~先行有利
コースの傾向分析
小回りで4つのコーナーを回るためペースがそれほど上がることはない。そのため先行馬が有利で、単騎逃げなどはペースが遅いと逃げ残ることもある。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想