最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

ニュージーランドトロフィーの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)堅いか荒れるかの両極端

過去10年で馬連3桁~10倍台が5回、2万円を越える万馬券が3回と、堅いか荒れるかの両極端。一昨年2016年と昨年2017年は連続で馬連2万超の万馬券出ていて、今年もこれが続くか、再び堅い配当に戻るか、とにかく波乱含みのレースだ。

1番人気(4-1-1-4)と2番人気(2-2-2-4)は複勝率で見れば共に60%。3番人気(0-1-1-8)、と4番人気(0-1-1-8)が共に20%と不振。

 

(2)ステップレース

大まかに見ると前走重賞組が(8-4-8-75)の成績だから、軸はやはり前走重賞組からピックアップするのが賢明。他は500万下組が(2-5-1-39)の成績で、重賞組と500万下で馬券のほとんどを占める。OP特別組も(0-1-1-16)のように2頭が馬券になっているが、この組を軸にするのは危険。

 

(3)ファルコンステークス組

2012年からファルコンステークスは芝1200mから1400mに延長されたのだが、時を同じくしてこの組が台頭し始めた。ファルコンステークス10年では(3-1-4-28)の成績だが、馬券になった8頭中7頭は2012年以降のもので、昨年2017年に至っては1着~3着をこの組が独占した。2012年以降の馬券になった7頭のファルコンステークスでの人気と成績は全て6着以内と6番人気以内であり、今回で見るとアンブロジオ1頭だけが該当する。同馬は必ず馬券に加えておくべきだろう。

 

(4)内枠優勢

中山マイル予想の定石。やはりこのレースも内枠が優勢。2枠(2-3-3-10)と3枠(3-1-1-13)が特に優秀だが、不思議なことに1枠(0-0-0-17)が全く馬券になっていない。

 

(5)買ってはいけない

前走重賞・OP特別で10着以下(0-0-0-26)

前走着差1.0秒以上負け(0-0-0-31)

前走500万下・未勝利で3番人気以下(0-1-0-23)

 

※ご案内

この度、ホームページをリニューアルしました。

まだ作成中ですが、予想コンテンツはご覧いただけます。

こちらへアクセスしてください。

 

           ↓ ↓ ↓ ↓

 

枠の有利不利 内枠有利
脚質の有利不利 逃げ~先行有利
コースの傾向分析
非常にトリッキーなコースで、内枠有利が定説。内枠と外枠ではあまりにも不公平が大きいため、朝日杯フューチュリティステークスが阪神芝1600mに変更になったほどだ。脚質は逃げ~先行有利だが、先頭集団があまり牽制しあわないレースとなると差しが決まる。

人気データ

1番人気 (4-1-1-4)

2番人気 (2-2-2-4)

3番人気 (0-1-1-8)

4番人気 (0-1-1-8)

5番人気 (0-2-1-7)

6番人気 (1-0-0-9)

7~9人 (1-2-2-25)

10人以下(2-1-2-66)

 

性別データ

牝馬  (0-0-2-11)

牡・セン(10-10-8-120)

 

所属データ

関東(3-4-4-78)

関西(7-6-6-53)

 

枠データ

1枠(0-0-0-17)

2枠(2-3-3-10)

3枠(3-1-1-13)

4枠(1-1-1-15)

5枠(0-2-1-15)

6枠(1-1-1-15)

7枠(1-1-0-16)

8枠(1-0-2-15)

 

脚質データ

逃げ(0-1-0-10)

先行(6-2-5-22)

差し(3-3-2-43)

追込(0-3-2-39)

マクリ(0-0-0-1)

 

前走データ

重賞(8-4-8-75)

├スプリングS(3-0-2-11)

├ファルコンS(3-1-4-28)

├シンザン記念(1-0-0-0)

├共同通信杯(0-1-0-6)

├弥生賞(0-1-0-3)

├毎日杯(0-0-0-3)

└朝日杯FS(0-0-0-3)

 

OP特別(0-1-1-16)

500万下(2-5-1-39)

未勝利(0-0-0-1)

 

前走距離データ

1200m(0-1-2-18)

1400m(3-4-3-38)

1600m(4-3-3-45)

1800m(3-1-2-23)

2000m(0-1-0-7)

 

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想