最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

日経新春杯の過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)上位人気馬堅実も人気薄の激走に要注意

過去10年で馬連3桁配当は6回もある。しかし万馬券も2回あり、人気薄の激走にも注意が必要だ。1番人気馬は(2-4-1-3)の成績でまずまずだが、2010年以降の過去8年では1番人気が馬券に絡まなかったのは2015年の1回のみ。1番人気の信頼度は近年さらにアップしている。2番人気(4-2-0-4)、3番人気(1-3-0-6)も人気なりの成績を収めており、上位人気馬は比較的堅実。しかし10人気以下も(2-1-2-50)の成績で5頭が馬券になっており、このあたりの取捨が馬券的中の成否を決める。

 

(2)ステップレース

ステップレースは前走重賞組が(8-5-6-65)の成績だから、この組を軸にするのがセオリー。しかし今年は出走メーンバーの小粒感が否めず、過去にも結構馬券になっているOP特別(1-1-3-29)、条件戦(1-4-1-21)の両組も出番は十分にありそうだ。

 

(3)4歳馬が強いが、今年は5歳馬か

過去の馬齢別データでは4歳馬が(6-5-2-23)の好成績を残している。しかし今年は牝馬の4歳馬リカビトス1頭のみの出走。こうなると馬齢的には過去10年で4歳馬とほぼ変わりない複勝率の5歳馬(2-4-5-21)を中心視すべきだろう。

 

(4)キングカメハメハ産駒で上位人気

キングカメハメハ産駒の活躍が目立ち、過去10年で(4-0-1-5)の成績。しかも馬券になった5頭はリピーターではなく全て違う馬というのが特筆できる。さらにキングカメハメハ産駒で当日1番人気か2番人気に支持されれば(4-0-1-0)と100%馬券になっている。今年はおそらく昨年の優勝馬ミッキーロケットが1番人気に支持されると思うが、キングカメハメハ産駒の同馬にとっては心強いデータだ。

 

(5)1枠の馬に要注意

過去10年で1枠は(4-1-0-10)の好成績を挙げている。さらに08年を境に前半5年は(1-0-0-6)に対して近5年は(3-1-0-4)と、さらに好走率が増している。2013年には1枠に入った1番人気と10番人気のワンツーも決まっており、1枠に入った馬は馬券の端にでも加えておくべきだろう。

 

(6)ノーザンファーム生産馬

過去10年のこのレースでのノーザンファーム生産馬の成績は(6-4-2-17)と抜群の成績を収めている。特に近年は顕著で、2016年はワンツー、昨年2017年は1着~3着を独占した。ちなみに現時点の登録馬でノーザンファーム生産馬はパフォーマプロミス、ミッキーロケット、モンドインテロ、リカビトスの4頭。

 

(7)買ってはいけない

7歳以上で当日5番人気以下(0-0-0-46)

8歳以上(0-0-0-19)

前走重賞10番人気以下だった馬で当日8番人気以下(0-0-0-24)

前走1800m以下だった馬で当日5番人気以下(0-0-0-23)

 

※ご案内

この度、ホームページをリニューアルしました。

まだ作成中ですが、予想コンテンツはご覧いただけます。

こちらへアクセスしてください。

 

           ↓ ↓ ↓ ↓

 

人気データ

1番人気 (2-4-1-3)

2番人気 (4-2-0-4)

3番人気 (1-3-0-6)

4番人気 (0-0-5-5)

5番人気 (0-0-0-10)

6番人気 (1-0-0-9)

7~9人 (0-0-2-28)

10人以下(2-1-2-50)

 

馬齢データ

4歳 (6-5-2-23)

5歳 (2-4-5-21)

6歳 (1-1-3-24)

7歳上(1-0-0-47)

 

性別データ

牝馬  (2-1-3-6)

牡・セン(8-9-7-109)

 

所属データ

関東(0-0-2-15)

関西(10-10-8-100)

 

枠データ

1枠(4-1-0-10)

2枠(1-0-2-12)

3枠(1-2-1-12)

4枠(1-2-2-12)

5枠(1-0-1-18)

6枠(1-3-0-16)

7枠(0-1-3-17)

8枠(1-1-1-18)

 

脚質データ

逃げ(2-0-1-8)

先行(2-2-3-28)

差し(5-6-5-36)

追込(1-2-1-42)

マクリ(0-0-0-1)

 

ハンデ別データ

50kg以下(1-0-1-6)

51kg  (0-0-0-4)

52kg  (1-0-3-10)

53kg  (0-1-0-18)

54kg  (1-1-0-28)

55kg  (3-3-0-17)

55.5kg (0-0-0-0)

56kg  (2-5-3-17)

56.5kg (1-0-1-0)

57kg  (0-0-0-6)

57.5kg (0-0-0-3)

58kg以上(1-0-2-6)

 

前走データ

重賞(8-5-6-65)

├アルゼンチン共和国杯(0-1-0-3)

├中日新聞杯(0-1-0-4)

├チャレンジカップ(0-0-0-1)

├秋華賞(0-0-0-0)

└福島記念(0-0-0-3)

 

OP特別(1-1-3-29)

条件戦(1-4-1-21)

 

 

枠の有利不利 中枠~内枠有利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
スタートから1コーナーまで十分な距離があるため、最初からゆったりと流れるケースが多い。3コーナーから4コーナーに向けて坂道を下るあたりからペースが上がり始める。4コーナー出口では先頭集団に取り付いていなければ馬券に絡むのは難しい。4コーナーからのヨーイドンの瞬発力が要求される。また、京都独特の軽い馬場と、内コースが荒れていない時期は逃げ残りに注意。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想