今週の重賞レース過去データ

2018年10月7日(日)  毎日王冠予想 過去データと傾向&馬柱付き競馬新聞PDF

更新日:

東京競馬場芝1800m

波乱含み

過去10年で馬連3桁~10倍台は5回と半数。万馬券が2回あり、あとの3回は20倍台、30倍台、70倍台。基本は堅めだが、波乱含みのレース。1番人気馬は(4-2-0-4)で、連対率で見れば合格点。しかし2番人気と3番人気は共に(1-1-0-8)で信頼はおきにくい。3連馬券に関しては3着に伏兵が飛び込む傾向があり、平均出走頭数が13頭と少ないにもかかわらず、3着の10頭中5頭は9番人気が入っている。

ステップレース

ステップレースは様々だが、エプソムC組(3-0-2-7)と安田記念組(1-4-1-20)が多く馬券対象馬を輩出している。
エプソムC組(3-0-2-7)は、同レースで1着だった馬は(3-0-1-3)と好成績。サトノアーサーにとっては心強いデータだ。
今回人気の一角になるであろうケイアイノーテックなどの前走NHKマイルC組も(1-1-0-1)の成績で、サンプルは少ないものの好走率は高い。

安田記念組

安田記念組(1-4-1-20)で連対した5頭は、全て安田記念で1着か1番人気に支持されていた馬だった。3着の1頭は昨年のグレーターロンドンで、安田記念では6番人気の4着だった。
今年、人気の一角アエロリットは安田記念では5番人気で2着。データ的には弱い。
ちなみに安田記念組で馬券になるのはほとんどが5歳以下(1-3-1-6)で、6歳以上だと(0-1-0-14)。

勝つには重賞実績

過去10年の勝ち馬10頭は全て芝1400~2000mでの重賞勝ち実績があった。スーパーG2と言われるレースだけに、勝つのはそれなりの実績が必要となる。
しかし、G1馬の過去10年成績は(3-4-1-16)で、G2、G3馬がG1馬を負かすケースのほうが多い。

ディープ産駒

2015年は1着、2着。2016年は2着、3着。2017年は1着~3着を独占と、ディープ産駒が活躍している。

頭で狙うなら偶数馬番

過去10年で奇数馬番は(1-5-6-54)。一方、偶数馬番は(9-5-4-43)。

人気データ

1番人気 (4-2-0-4)
2番人気 (1-1-0-8)
3番人気 (1-1-0-8)
4番人気 (2-1-1-6)
5番人気 (0-1-3-6)
6番人気 (1-1-0-8)
7~9人 (1-1-3-25)
10人以下(0-2-3-32)

所属データ

関東(3-2-6-43)
関西(7-8-4-54)

馬齢データ

3歳 (2-3-0-9)
4歳 (3-3-3-19)
5歳 (3-2-2-27)
6歳 (1-2-2-18)
7歳上(1-0-3-24)

性別データ

牝馬  (1-2-0-1)
牡・セン(9-8-10-96)

枠データ

1枠(1-0-2-9)
2枠(2-1-0-10)
3枠(0-1-2-10)
4枠(2-3-1-8)
5枠(0-0-2-14)
6枠(2-3-2-12)
7枠(2-0-0-18)
8枠(1-2-1-16)

脚質データ

逃げ(1-3-1-5)
先行(2-2-1-26)
差し(5-4-5-35)
追込(2-1-3-31)

前走データ

宝塚記念 (1-1-2-10)
安田記念 (1-4-1-20)
東京優駿 (1-1-0-4)
NHKマイルC(1-1-0-1)
札幌記念 (1-1-0-6)
中山記念 (1-0-1-1)
エプソムC(3-0-2-7)
関屋記念 (0-2-0-4)
新潟記念 (0-0-1-7)
オールカマー(0-0-1-2)
OP特別  (0-0-1-5)
1600万下 (0-0-0-3)
海外   (1-0-0-2)

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

-今週の重賞レース過去データ
-, , , ,

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2018 All Rights Reserved.