今週の重賞レース過去データ

2018年10月8日(月)  京都大賞典予想 過去データと傾向&馬柱付き競馬新聞PDF

更新日:

京都競馬場芝2400m

中穴以下

2013年に馬連9万馬券というとんでもない配当が出たが、その他では2012年に150倍の万馬券があるものの、馬連3桁~10倍台は5回と、半数が堅めの配当。過去10年で8番人気以下の馬は1頭しか馬券になっておらず、1番人気は(3-1-2-4)、2番人気は(1-1-3-5)で、ピリッとはしないが、出走頭数が少なめということもあって、上位人気馬、中人気馬での組み合わせが多い。

ステップレース

主要ステップレースは宝塚記念(4-1-4-11)と天皇賞春(0-3-2-7)。これらは前走大敗からの巻き返しが普通にあり、前走着順は気にしなくてよい。これら以外のステップレースは様々で、目立った成績を挙げているのが新潟記念(2-1-0-8)。新潟記念組はそのレースの着順よりも、そのレースでの人気が大事で、馬券になった3頭は全て新潟記念で3番人気以内だった。
今回は同組はケントオーのみ。同馬は15番人気だったため、消しの対象で良さそうだ。

天皇賞春組

前走天皇賞春組は(0-3-2-7)だが、前走にこだわらず、同年の天皇賞春に出走してい馬を含めると(5-5-6-20)。過去10年の馬券になった半数以上を占める。
今回、天皇賞春に出走していた馬はアルバート、シュヴァルグラン、スマートレイアーの3頭。
特に天皇賞春で6着~10着に敗れていた馬は(3-5-1-4)で好走率が高い。7着に敗れていたスマートレイアー、8着に敗れていたアルバートだが、軽視はできない。

斤量58k以上

斤量に58k以上が(4-2-3-8)で好走率が高い。今回、これに該当するのはシュヴァルグランのみ。さらに、58k以上馬が1番人気に支持されれば(3-1-1-1)と激アツ。おそらく1番人気に支持されるであろうシュヴァルグランにとっては心強いデータだ。

買ってはいけない

関東馬(0-0-1-14)
前走G3、OP特別、条件戦で5着以下(0-1-0-26)
前走G3、OP特別、条件戦で5番人気以下(0-0-0-26)

人気データ

1番人気 (3-1-2-4)
2番人気 (1-1-3-5)
3番人気 (2-0-1-7)
4番人気 (2-2-1-5)
5番人気 (1-0-1-8)
6番人気 (0-4-0-6)
7~9人 (0-2-2-25)
10人以下(1-0-0-25)

馬齢データ

3歳 (0-0-0-0)
4歳 (4-5-1-16)
5歳 (5-3-4-22)
6歳 (0-0-3-25)
7歳上(1-2-2-22)

性別データ

牝馬  (2-0-1-14)
牡・セン(8-10-9-71)

所属データ

関東(0-0-1-14)
関西(10-10-9-69)
地方(0-0-0-2)

枠データ

1枠(2-1-1-6)
2枠(3-0-2-6)
3枠(1-2-1-9)
4枠(0-0-2-12)
5枠(1-1-0-13)
6枠(1-1-1-11)
7枠(1-2-2-14)
8枠(1-3-1-14)

脚質データ

逃げ(0-0-0-11)
先行(3-5-5-19)
差し(4-2-5-28)
追込(3-3-0-26)
マクリ(0-0-0-1)

前走データ

宝塚記念(4-1-4-11)
天皇賞春(0-3-2-7)
安田記念(0-0-1-2)
札幌記念(0-1-0-6)
オールカマー(1-0-1-4)
鳴尾記念(1-0-0-1)
目黒記念(0-0-1-7)
新潟記念(2-1-0-8)
クイーンS(0-0-0-2)
OP特別 (0-1-0-14)
条件戦 (0-1-0-5)
海外  (0-0-0-2)

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

-今週の重賞レース過去データ
-, , , ,

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2018 All Rights Reserved.