今週の重賞レース過去データ

2018年10月14日(日)  秋華賞予想 過去データと傾向

更新日:

京都競馬場芝2000m

上位人気馬堅実

過去10年の上位人気馬は、1番人気(3-1-2-4)、2番人気(2-2-1-5)、3番人気(4-1-0-5)となっており、これらだけで9勝を挙げている。ちょうど10年前の2008年に11番人気→8番人気→16番人気の順で決着する大波乱となったが、それ以降の9年は、上位人気馬が堅実。10番人気以下の連対は2008年しかなく、3着にも2頭しか入っていない。基本的には上位人気馬同士、上位人気馬と中人気馬の組み合わせがほとんど。極端な穴狙いは禁物。

単勝人気

これはほぼアーモンドアイだけに該当するデータだが、当日の単勝人気オッズが2.9倍以下なら(2-1-2-1)で、複勝率83.3%と極めて高い。単勝人気オッズ3.0~4.9倍でも(3-1-0-6)。当日の2番人気あたりでも、もしこの範囲のオッズなら好走率が高い。
ちなみに、単勝30倍以上は(0-0-4-91)の成績で連対はなく、来ても3着まで。

ステップレース

ローズS組が(6-8-5-61)の成績で、秋華賞のステップとして王道なのだが、今年は大きな変化がある。というのも、普通はオークス上位馬がひと叩きの意味でローズステークスに出走するが、今年はローズステークスにオークス上位馬の出走はなかった。
また、オープン特別だった頃には全く歯が立たなかった紫苑ステークス組も、2年前から重賞に昇格した途端に大活躍。現在2年連続で本番優勝を果たしている。
人気を集めそうなアーモンドアイやラッキーライラックはオークスからの直行。過去、オークスから直行した馬の成績は(0-0-0-10)で、全く馬券になっていないが、今年は例外中の例外の年。あまり気にしなくてよさそうだ。

近走の重賞またはオープン特別で4着か5着

オカルト的データだが、10年連続で連対馬が出ているので、取り上げたい。
過去10年で「4走前までに重賞またはオープン特別で4着か5着があった馬」が、毎年最低1頭は連対を果たしている。
今回の出走予定馬で見ると、サラキア、トーセンブレス、パイオニアバイオ、ハーレムライン、プリモシーンが該当する。

単勝30倍以上は来ても3着まで

過去10年で、当日オッズが単勝30倍以上だった馬は(0-0-4-91)の成績。

買ってはいけない

前走ローズS以外の重賞で4番人気以下(0-0-1-21)
前走OP特別で3着以下(0-0-0-21)
前走OP特別で2番人気以下(0-0-0-27)
前走条件戦で2番人気以下(0-0-0-17)

人気データ

1番人気 (3-1-2-4)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (4-1-0-5)
4番人気 (0-2-1-7)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (0-1-1-8)
7~9人 (0-2-2-26)
10人以下(1-0-2-86)

所属データ

関東(2-2-3-67)
関西(8-8-7-82)

枠データ

1枠(0-4-1-15)
2枠(2-2-3-13)
3枠(2-0-1-17)
4枠(1-1-0-18)
5枠(0-2-0-18)
6枠(0-1-2-17)
7枠(3-0-3-23)
8枠(2-0-0-28)

脚質データ

逃げ(0-1-1-9)
先行(1-1-3-28)
差し(9-5-6-62)
追込(0-3-0-49)
マクリ(0-0-0-1)

前走データ

重賞(9-9-8-90)
├ローズS(6-8-5-61)
├クイーンS(1-0-1-6)
├紫苑S(2-1-0-9)
└オークス(0-0-0-10)

OP特別(1-0-0-33)
1600万下(0-0-1-1)
1000万下(0-1-0-18)
500万下(0-0-1-5)

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

-今週の重賞レース過去データ
-, , ,

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2018 All Rights Reserved.