最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

ローズステークスの過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)堅いか荒れるかの両極端

過去10年で馬連3桁配当は2回。しかもこの配当が170円と220円という、複勝馬券の配当かと思うくらいガチガチの人気サイドだった。一方、万馬券も2回ある。10倍台も2回で、それ以外はかなり高めの配当が目立つ。

1番人気馬は(5-2-1-2)の成績でかなり信頼度は高く、近6年では5回の連対を果たしている。上位人気馬でも2番人気(1-2-1-6)、3番人気(0-0-2-8)の信頼度はイマイチで、7~9番人気(2-2-2-24)、10番人気以下(0-3-2-58)が波乱を演出する。

 

(2)ステップはオークス組が圧倒

前走別データではやはりオークスが(8-5-1-35)の成績で他を圧倒している。それ以外では1000万下組が(0-0-7-21)の成績で、連対はないものの、3着のほとんどを占めているのが特徴。

 

(3)オークス組

オークスの1着馬ソウルスターリングは毎日王冠へ駒を進めるため、同馬は不在だが、オークスでの上位馬は素直に信頼できる。オークス1着馬は(3-1-0-4)、2着馬(0-3-0-1)、3着馬(2-0-0-2)と好走確率は高い。さらに、オークスで1番人気~3番人気に支持され、尚且つ1着~3着に入っていた馬は(5-4-0-1)と、超がつくほど連対確率が高い。今回ではアドマイヤミヤビだけがこれに該当し、データ的には同馬は軸としてほぼ鉄板ということになる。

 

(4)石坂厩舎

石坂厩舎がこのレースと相性がよく(3-0-1-1)の成績。とにかく石坂厩舎の馬がこのレースに出走すれば全ての年で馬券になっており、中には9番人気、7番人気もいて、馬券的にも妙味がある。今回では同厩舎からミリッサが出走を予定しており、同馬は是非とも馬券に加えておきたい。

 

(5)穴はこれ

レースの格に関係なく、前走芝2000mに出走していた馬が13年から昨年の16年まで現在4年連続で連対を果たしている。これらの4頭は9番人気、15番人気、7番人気、11番人気といずれも見事に人気薄で、馬券的にも美味しい。

 

(6)上がりの脚が絶対大事

脚質別データでは差し(5-6-6-50)、追込(1-3-0-37)と、後ろからいく馬が好成績を残している。阪神の芝1800mは直線がそこそこ長く、末脚の利く馬には有利に働く。

 

人気データ

1番人気 (5-2-1-2)

2番人気 (1-2-1-6)

3番人気 (0-0-2-8)

4番人気 (1-0-0-9)

5番人気 (1-0-1-8)

6番人気 (0-1-1-8)

7~9人 (2-2-2-24)

10人以下(0-3-2-58)

 

所属データ

関東(3-1-2-15)

関西(7-9-8-102)

地方(0-0-0-6)

 

枠データ

1枠(1-2-1-11)

2枠(1-1-2-12)

3枠(1-0-0-17)

4枠(2-1-0-15)

5枠(2-1-1-15)

6枠(1-2-1-16)

7枠(0-3-3-17)

8枠(2-0-2-20)

 

脚質データ

逃げ(1-1-1-7)

先行(3-0-3-29)

差し(5-6-6-50)

追込(1-3-0-37)

 

前走データ

重賞(9-7-2-47)

├優駿牝馬(8-5-1-35)

├桜花賞(1-0-0-3)

├NHKマイルC(0-0-0-3)

└クイーンS(0-1-1-3)

 

OP特別(0-1-0-5)

1600万下(0-0-0-1)

1000万下(0-0-7-21)

500万下(1-1-1-35)

未勝利(0-1-0-4)

 

前走距離データ

1500m以下(0-0-2-13)

1600m  (1-0-1-16)

1700m  (0-0-0-5)

1800m  (0-2-6-39)

2000m  (1-3-0-11)

2100m  (0-0-0-2)

2400m  (8-5-1-36)

 

 

 

枠の有利不利 なし
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
Aコース時は差し馬が優秀、Bコース時は逃げ・先行馬が活躍という傾向がある。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想