最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

秋華賞の過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)中穴以下

過去10年で馬連万馬券は08年の1回のみ。3桁配当~10倍台は5回。その他の配当の最高は50倍台と、比較的堅い~中穴で収まっている。極端な穴狙いは禁物。

3連単配当でも09年以降は、13年3着に15番人気のリラコサージュが入ったのみで、これ以外は2桁人気馬は全く馬券になっていない。

 

(2)ステップレースはほぼ3つに絞られる

前走別成績で他のステップを圧倒していのがローズステークス組で(7-8-4-58)の成績。次の重要ステップは紫苑ステークス組なのだが、オープン特別で行われていた15年までは(1-0-0-36)で全く買えなかったのが、昨年にG3に格上げされた途端にレベルがアップし、16年の秋華賞は1着と2着を紫苑ステークス組が占めた。「紫苑ステークス組は消しでよし!」としていたのが、今後は重要ステップとなってくる。

次にクイーンステークス組だが(1-0-1-5)の成績で軽視はできない。ちなみにこの組で馬券になった2頭はどちらも秋華賞では2番人気に支持されていた。クイーンステークス組は秋華賞当日の上位人気馬に絞ってよさそうだ。

 

(3)ローズステークス組の取捨

ローズステークス1着馬は(2-3-1-3)、2着馬は(2-2-1-5)とどちらも好走率は高い。過去10年でローズステークス組(7-8-4-58)で馬券になった19頭中17頭はローズステークスで5着以内に入っており、上位成績馬はそのまま信頼できる。また、例外の2頭にはフラワーカップで3着以内だったという共通の実績があった。ローズステークス組は5着以内が取捨のラインで、例外ではローズステークス6着であったのものの、フラワーカップで1着だったファンディーナが入る。

 

(4)紫苑ステークス組は上位人気馬のみか

オープン特別だった2015年までは(1-0-0-36)の成績だった紫苑ステークス組だが、この唯一馬券になった1頭は14年のショウナンパンドラ。同馬は紫苑ステークスで2着ながらも人気は1番人気だった。G3に昇格した昨年16年の秋華賞1着馬ヴィヴロスは紫苑ステークスで3番人気2着、秋華賞2着パールコードは紫苑ステークス5着ではあったものの2番人気だった。つまり、紫苑ステークス組で馬券になったのは同レースで上位に支持されていた馬のみ。今回でみると、紫苑ステークスで3番人気以内に支持されていたのは1着のディアドラ(1番人気)のみ。しかしG3と格上げされてレベルアップしたことも考慮すると、3着以内に入っていたカリビアンゴールドとボールヴァンドルも抑えるべきか・・・。

但し、09年以降の秋華賞は9番人気馬がほぼ全滅なように、カリビアンゴールドとボールヴァンドルは当日の人気を見て判断してもよさそうだ。

 

(5)関東所属騎手騎乗馬は割引

関西所属騎手が(9-8-10-89)と馬券のほとんどを占める。関東所属騎手は(1-2-0-57)で、その差は歴然。しかも馬券になったのは12年が最後で、13年以降は全滅。この中には13年1番人気デニムアンドルビー、16年1番人気ビッシュも含まれていて、関東所属騎手騎乗馬を軸にするのは危険。

 

(6)買ってはいけない

単勝50倍以上(0-0-2-75)

前走6着以下だった関西馬(0-0-2-37)

前走ローズS以外の重賞で4番人気以下(0-0-1-20)

前走OP特別で3着以下(0-0-0-22)

前走OP特別で2番人気以下(0-0-0-29)

前走条件戦で2番人気以下(0-0-0-17)

 

人気データ

1番人気 (3-1-3-3)

2番人気 (3-2-1-4)

3番人気 (3-1-0-6)

4番人気 (0-1-1-8)

5番人気 (0-1-0-9)

6番人気 (0-1-1-8)

7~9人 (0-3-2-25)

10人以下(1-0-2-86)

 

所属データ

関東(2-2-3-70)

関西(8-8-7-79)

 

枠データ

1枠(0-4-1-15)

2枠(2-2-2-14)

3枠(2-0-1-17)

4枠(1-0-0-19)

5枠(0-2-0-18)

6枠(0-1-2-17)

7枠(3-0-3-23)

8枠(2-1-1-26)

 

脚質データ

逃げ(0-1-1-9)

先行(2-2-2-29)

差し(8-4-7-62)

追込(0-3-0-48)

マクリ(0-0-0-1)

 

前走データ

重賞(9-9-8-85)

├ローズS(7-8-4-58)

├クイーンS(1-0-1-5)

├紫苑S(1-1-0-6)

└オークス(0-0-0-11)

 

OP特別(1-0-0-36)

1600万下(0-0-1-1)

1000万下(0-1-0-19)

500万下(0-0-1-5)

 

 

 

枠の有利不利 内枠有利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
秋華賞で使用されるコース。小回りコースをこなせる器用さが必要。CコースとDコース時の方が逃げ~先行馬が優勢。Aコース・Bコース時の方が差し、あるいはまくりが決まっている。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想