最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

天皇賞秋の過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

■頭に叩き込んでおけ

 

(1)中穴狙い

過去10年の1番人気馬は(4-2-2-2)で複勝率80%。この馬券から外れた2頭は06年スイープトウショウと11年ブエナビスタ。この両馬の共通点は5歳牝馬だったということ。つまりそれ以外は今のところ複勝率100%ということになる。2番人気馬は(0-3-3-4)で複勝率でいけば及第点。3番人気馬は(0-0-2-8)で信頼はできない。過去10年で馬連万馬券は1回もなく、3桁~10倍台は3回。1番人気馬と2番人気馬が揃って馬券から外れたことは一度もなく、1番人気か2番人気を絡めた中穴狙いが妥当。

 

(2)ステップ

毎年連対馬を輩出している毎日王冠組が他を圧倒していて(6-4-3-49)の成績。オールカマーは(0-1-0-27)とほとんど信頼できず、昨年11年ぶりに馬券になった京都大賞典組(1-0-0-17)も信頼できない。馬券の軸は毎日王冠が鉄則。

 

(3)毎日王冠組

昨年15年は毎日王冠7着だった10番人気のステファノスが2着に入る健闘ぶりで、この組は人気薄でも軽視はできない。毎日王冠組をもう少し詳しく見てみる。08年8歳馬で勝ったカンパニーを例外とすると、4歳馬が(2-3-1-7)、5歳馬が(3-0-1-14)で連対馬はこの2つの世代に集中している。特に4歳馬で当日1番人気~7番人気に支持されると(2-2-1-1)と好走率が高い。この馬券にならなかった1頭は昨年2番人気に支持されたエイシンヒカリだった。6歳以上でみると(1-0-1-21)で、先に挙げたカンパニーしか連対馬は出ておらず、4歳馬、5歳馬の成績と比べても差は歴然としている。

 

(4)前走1番人気で今回1番人気か2番人気

前走のレースを問わず、前走で1番人気に支持されていた馬が、本番で1番人気なら(3-2-2-1)と絶好調。また前走1番人気で本番2番人気も(0-2-2-1)と好走率が極めて高い。昨年15年も前走京都大賞典で1番人気だったラブリーデイが本番でも1番人気で、実に11年ぶりに同組から馬券対象勝ばが出た。今回はどの馬が1番人気になるかわからないが、前走1番人気だった馬は毎日王冠のルージュバックと札幌記念のモーリスの2頭しかいない。

ちなみに前走のレースに関わらず8番人気以下だった馬は(0-0-0-29)とバッサリ切れる。

 

(5)波乱の主役は関東所属騎手

6番人気以下で馬券になった馬は8頭いるが、そのうち6頭は関東所属の騎手が騎乗した馬だった。中でも横山典騎手が(1-1-1-4)で09年5番人気1着のカンパニーの他、06年7番人気で2着スウィフトカレント、11年6番人気3着のペルーサと人気薄でも好走。また北村宏騎手も09年には7番人気だったスクリーンヒーローを2着に導いている。その他で買える関東騎手は戸崎騎手、蛯名騎手、吉田隼騎手に限られていて、それ以外の関東騎手は結果を残せていないので割引。

 

(6)内枠優勢

東京の1800mや2000mはスタート直後に1コーナーがあるため、内枠が有利というか、外枠が不利。この天皇賞秋でも外よりは内枠に比べ成績が芳しくない。特に馬番では15番より外が(0-0-3-32)の成績で、来ても3着まで。

 

■買ってはいけない

 

(1)関東馬で当日8番人気以下(0-0-0-37)

(2)単勝オッズ50倍以上(0-0-0-66)

(3)6歳以上で前走2着以下(0-0-0-56)

(4)15番より外枠(0-0-3-32)

(5)前走1秒以上負けだった馬で当日3番人気以下(0-0-0-21)

 

人気データ

1番人気 (4-2-2-2)

2番人気 (0-3-3-4)

3番人気 (0-0-2-8)

4番人気 (1-1-0-8)

5番人気 (4-0-0-6)

6番人気 (0-0-3-7)

7~9人 (1-3-0-26)

10人以下(0-1-0-83)

 

馬齢データ

3歳 (0-2-3-10)

4歳 (4-5-2-29)

5歳 (5-3-3-39)

6歳 (0-0-2-26)

7歳上(1-0-0-40)

 

性別データ

牝馬  (2-3-1-7)

牡・セン(8-7-9-137)

 

所属データ

関東(2-4-3-51)

関西(8-6-7-90)

地方(0-0-0-3)

 

枠データ

1枠(2-2-1-15)

2枠(2-1-0-17)

3枠(0-0-3-16)

4枠(2-3-2-13)

5枠(0-3-0-17)

6枠(2-0-1-17)

7枠(2-1-1-22)

8枠(0-0-2-27)

 

脚質データ

逃げ(0-1-0-9)

先行(3-4-2-29)

差し(7-4-5-63)

追込(0-1-3-43)

 

前走データ

毎日王冠(6-4-3-49)

京都大賞典(1-0-0-17)

札幌記念(1-0-2-10)

宝塚記念(2-3-1-13)

オールカマー(0-1-0-27)

天皇賞春(0-0-1-5)

安田記念(0-0-0-2)

 

OP特別(0-0-0-2)

1600万下(0-0-0-0)

地方(0-0-0-4)

海外(0-0-0-1)

 

枠の有利不利 外枠不利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
天皇賞秋で使用されるコース。最初のコーナーまでの距離が短く、多頭数になると馬が殺到し、外枠は不利となる。向う正面ではペースも落ち着き、直線での末脚が勝負となる。開催時期が早く、良馬場の場合は逃げ、先行がそのまま流れ込むこともあるが、開催がすすみ、馬場が荒れるにしたがって差し有利になっていく。

参考レース

毎日王冠

オールカマー

京都大賞典

札幌記念

安田記念

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想