最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

天皇賞秋の過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)中穴狙いで

過去10年で馬連3桁配当は1回、万馬券も1回。1番人気は(5-2-2-1)の成績で、馬券外になった1頭も11年のブエナビスタで4着。抜群の安定感の1番人気。2番人気(0-3-2-5)も複勝率で見ればまずまず。しかし、3番人気(0-0-2-8)、4番人気(0-1-0-9)は不振で、このあたりが堅い決着に収まらない要因となっている。かといって、10番人気以下は(0-1-0-82)の成績で、レベルの高いレースだけに、人気薄が激走することはまずない。

 

(2)前走ステップは毎日王冠を中心視

ステップレースで圧倒的なのは毎日王冠組で(5-4-4-46)の成績。毎年必ず1頭以上は馬券に絡んでおり、この組を外すと馬券をも外す。毎日王冠組では特に4歳馬と5歳馬が好成績で、4歳馬(2-3-1-8)、5歳馬(2-0-1-10)となっており、6歳以上では(1-1-2-28)となる。

好走率では互角以上なのが宝塚記念組で(2-3-1-14)の成績。この組に関しての詳細は後述する。他には札幌記念組(2-0-1-11)が複数馬券対象馬を輩出しているが、馬券になったのは札幌記念連対馬のみ。京都大賞典組が(1-0-0-15)の成績で、ただ1頭の勝ち馬は15年のラブリーデイ。

 

(3)宝塚記念組の取捨

過去10年の宝塚記念組(2-3-1-14)で馬券になったのは6頭。この6頭の宝塚記念での着順は2着、5着、2着、2着、3着、9着。基本的には3着以内が好ましいが、大敗からの巻き返した馬には共通点があった。まず宝塚記念で5着ながら天皇賞秋で2着になったスクリーンヒーローは前年のジャパンカップで1着の実績があった。次に宝塚記念9着ながら天皇賞秋では2着になったジェンティルドンナも前年のジャパンカップで1着だった。今回人気になるであろうキタサンブラックも宝塚記念で9着と惨敗しているが、同馬も昨年ジャパンカップ1着の実績がある。データ的にはなんら問題がないどころか、極めて強い後押しがある。

逆に言えば、宝塚記念で4着以下に敗れていた馬で、ジャパンカップまでとは言わなくても、東京開催のG1で勝ったことがない馬は軽視していい。

 

(4)4歳馬か5歳馬を軸にするのが鉄則

過去10年の馬齢別データでは、4歳(4-6-2-30)、5歳(5-2-4-35)の成績。とにかく優勝馬はこの2つの世代からしか出ていない。合計すると(10-8-6-65)となり、馬券のほとんどをこの2つの世代が占める。特に4歳馬は当日の1番人気~5馬人気に支持された馬は(4-2-3-10)と好走率がぐんと上がる。

ちなみに3歳馬も(0-2-2-9)の成績で好走率が高い。しかし馬券になった4頭は当日1番人気~4番人気に支持されていた。4番人気以内でなければ軽視してよい。

また、6歳以上馬は当日7番人気以下なら(0-0-0-61)の成績だから、買えるのは上位人気のみ。

 

(5)牝馬の取捨

過去10年の牝馬の成績は(2-3-1-6)で、好走率は高い。今回人気の一角を占めるであろうソウルスターリングだが、牝馬について分析すると、データ的には弱い。

これは毎日王冠でのデータ分析でも述べたが、毎日王冠で馬券になった牝馬は全て牡馬相手の重賞での勝ち鞍があった。しかしソウルスターリングにはそれがないため、毎日王冠で1番人気に支持されながらデータ的には消しの対象だった。

この天皇賞秋でも同じことが言え、過去牝馬で馬券になった延べ6頭はウォッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナなど一線級の牡馬相手の重賞を勝ってきたきた馬ばかり。ソウルスターリングにとってはかなり不利なデータが続く。

 

(6)穴は毎日王冠の上がり最速馬

毎日王冠で上がり3Fが最も速かった(タイを含め、1位がいない場合は2位)馬は天皇賞秋で(3-2-0-6)と好走率が高い。そこで、今年の毎日王冠で上がり最速を見ると、2着だったサトノアラジンと3着のグレーターロンドンが最速タイで32.6秒だった。過去このデータで09年5番人気カンパニー、13年5番人気ジャスタウェイ、14年5番人気でスピルバーグが勝利を収めている。

今年の該当馬サトノアラジンはそこそこ人気すると思うが、人気の死角グレーターロンドンにも要注意。

 

(7)8枠は割引

スタート直後にコーナーがあるトリッキーなコースで、外枠不利が定説の東京芝2000m。この天皇賞秋でも7枠(1-2-1-22)までは頑張っているが、8枠(0-0-2-26)となるとガクンと落ちる。

 

(8)買ってはいけない

単勝オッズ50倍以上(0-0-0-68)

6歳以上で当日7番人気以下(0-0-0-61)

関東馬で当日8番人気以下(0-0-0-38)

 

人気データ

1番人気 (5-2-2-1)

2番人気 (0-3-2-5)

3番人気 (0-0-2-8)

4番人気 (0-1-0-9)

5番人気 (4-0-0-6)

6番人気 (0-0-4-6)

7~9人 (1-3-0-26)

10人以下(0-1-0-82)

 

馬齢データ

3歳 (0-2-2-9)

4歳 (4-6-2-30)

5歳 (5-2-4-35)

6歳 (0-0-2-29)

7歳上(1-0-0-40)

 

性別データ

牝馬  (2-3-1-6)

牡・セン(8-7-9-137)

 

所属データ

関東(2-4-3-52)

関西(8-6-7-89)

地方(0-0-0-2)

 

枠データ

1枠(2-2-1-14)

2枠(2-1-0-17)

3枠(0-0-3-17)

4枠(2-3-2-13)

5枠(1-2-0-17)

6枠(2-0-1-17)

7枠(1-2-1-22)

8枠(0-0-2-26)

 

脚質データ

逃げ(0-1-0-9)

先行(3-4-2-30)

差し(7-4-4-64)

追込(0-1-4-40)

 

前走データ

毎日王冠(5-4-4-46)

宝塚記念(2-3-1-14)

札幌記念(2-0-1-11)

京都大賞典(1-0-0-15)

セントライト記念(0-1-1-0)

安田記念(0-1-0-2)

オールカマー(0-0-0-27)

 

OP特別(0-0-0-3)

1600万下(0-0-0-0)

地方(0-0-0-4)

海外(0-0-0-2)

 

枠の有利不利 外枠不利
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
天皇賞秋で使用されるコース。最初のコーナーまでの距離が短く、多頭数になると馬が殺到し、外枠は不利となる。向う正面ではペースも落ち着き、直線での末脚が勝負となる。開催時期が早く、良馬場の場合は逃げ、先行がそのまま流れ込むこともあるが、開催がすすみ、馬場が荒れるにしたがって差し有利になっていく。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想