最強競馬 ガジェット

中央競馬も地方競馬も完全無料で予想を公開 重賞レース過去データやPDF形式の競馬新聞も配布しています

安田記念の過去データと予想

PDFを見るにはAdobe Acrobat Reader必要です

(1)中穴以上

過去10年で馬連3桁配当が1回なのに対して万馬券は4回もある。3連単配当は過去10回中8回が10万越え。特に3着は半数の5頭が2桁人気馬で、波乱含みのレースだ。

 

(2)ステップレース

過去10年で多く馬券対象馬を輩出しているのが京王杯SC組(2-3-2-32)とマイラーズC 組(0-1-7-34)。どちらも出走頭数は多いが、前者は昨年17年も1着と3着に入って活躍しているが、後者のマイラーズカップ組は連対馬は1頭のみ。3着に7頭も入っているのは特筆できるが、マイラーズカップ組を軸にするのは危険。昨年17年もマイラーズカップから当日1番人気と2番人気を含む5頭が出走したが1頭も馬券に絡むことなく、5着が最高だった。

今回人気になりそうなアエロリットとリスグラシューのヴィクトリアマイル組だが、過去10年の成績は(2-0-0-12)。勝馬の2頭はウォッカの連覇で、名牝と言われるこの馬ぐらいの実力がなければ馬券に絡むのが難しいのかもしれない。

今回圧倒的1番人気に支持されそうなスワーヴリチャードの大阪杯組だが、G2だった頃の産経大阪杯時も含めて(0-2-1-6)の成績。勝馬は出ていないものの好走率は良い。

 

(3)京王杯スプリングカップ組の取捨

京王杯SC組(2-3-2-32)では、同レース惨敗からの巻き返しがある。例えば昨年17年のサトノアラジンは京王杯で9着から安田記念で勝利した。しかしこのサトノアラジンは京王杯では1番人気に支持されていた。このように、京王杯での着順よりも京王杯での人気が大事で、過去10年の同組で馬券になった7頭は全て京王杯で5番人気以内に支持されていた。

今回ムーンクエイクが出走を回避したため同組から買えるのはサトノアレスのみとなる。

 

(4)連対のほぼ必須条件

過去10年の連対馬20頭中18頭は、芝2000m以下のG1で2着以内か、同じ年の1400~1600mの重賞レースを勝っていた。

 

(5)人気薄で激走するのは関西馬

過去10年で10番人気以下(0-2-5-75)で激走したのは7頭。この7頭は全て関西馬で、関東馬の10番人気以下は(0-0-0-29)と1頭も馬券になっていない。

 

(6)買ってはいけない

7歳以上で単勝オッズ30倍以上(0-0-0-26)

関東馬で当日10番人気以下(0-0-0-29)

前走10着以下(0-0-1-23)

前走着差1.0秒以上負け(0-0-0-21)

前走10番人気以下(0-0-0-16)

 

※ご案内

この度、ホームページをリニューアルしました。

まだ作成中ですが、予想コンテンツはご覧いただけます。

こちらへアクセスしてください。

 

           ↓ ↓ ↓ ↓

 

人気データ

1番人気 (4-1-0-5)

2番人気 (2-1-0-7)

3番人気 (0-2-2-6)

4番人気 (0-0-0-10)

5番人気 (0-2-1-7)

6番人気 (0-1-1-8)

7~9人 (4-1-1-24)

10人以下(0-2-5-75)

 

馬齢データ

3歳 (1-0-0-2)

4歳 (2-2-1-25)

5歳 (3-3-3-45)

6歳 (4-2-5-38)

7歳上(0-3-1-32)

 

性別データ

牝馬  (2-0-0-13)

牡・セン(8-10-10-129)

 

所属データ

関東(5-3-3-44)

関西(5-6-7-81)

外国(0-1-0-17)

 

枠データ

1枠(0-2-1-16)

2枠(2-1-3-13)

3枠(2-1-1-15)

4枠(0-0-1-18)

5枠(3-1-0-16)

6枠(0-2-2-16)

7枠(2-1-1-23)

8枠(1-2-1-25)

 

脚質データ

逃げ(1-1-0-8)

先行(3-2-2-28)

差し(5-5-2-66)

追込(1-2-6-40)

 

前走データ

京王杯SC   (2-3-2-32)

ヴィクトリアM(2-0-0-12)

ダービー卿CT (2-0-0-4)

高松宮記念  (1-0-0-5)

NHKマイルC  (1-0-0-2)

マイラーズC (0-1-7-34)

大阪杯    (0-2-1-6)

※産経大阪杯(G2)含む

海外     (1-2-0-20)

OP特別    (1-0-0-13)

1600万下   (0-0-0-1)

 

前走距離データ

1200m(1-0-0-6)

1400m(2-3-2-37)

1600m(5-4-7-79)

1800m(2-1-0-8)

2000m(0-2-1-9)

2100m以上(0-0-0-3)

 

 

 

枠の有利不利 なし
脚質の有利不利 先行~差し有利
コースの傾向分析
ヴィクトリアマイル、安田記念、NHKマイルカップなどのG1レースをはじめ、多くの重賞レースが組まれているコース。中央競馬場のマイルコースの中では最もタフなコースと言われている。マイルまでだけの実績しかない馬よりも1800m以上で実績がある馬でないと好走は難しい。

最強競馬ガジェット 完全無料競馬予想