今週の重賞レース過去データ

2018年12月9日(日) カペラステークス予想 過去データと傾向&馬柱付き競馬新聞PDF

更新日:

中山競馬場ダート1200m

カペラステークス予想競馬新聞

波乱含み

過去10年の1番人気(0-1-1-8)と2番人気(1-1-2-6)はピリッとしない。その分、3番人気(3-2-0-5)と4番人気(3-1-0-6)がが頑張ってはいる。7番人気以下が(1-5-5-86)で、2着と3着の半数は7番人気以下から出ている。
馬連3桁~10倍台は3回。万馬券は5万馬券を含む2回。その他は高めの配当が目立つ。下位人気馬激走の波乱含みのレースといえる。

前走1200mは苦戦

意外にも前走ダ1200m戦組は(1-4-3-71)で苦戦傾向にある。ところが今回は出走馬のほとんどが前走1200m戦出走馬で占められている。前走1400m組が(7-5-5-41)で好成績なのだが、今回前走1400m戦組は霜月ステークスのダノングッドとブラゾンドゥリスの2頭と、前走競争中止にはなったが、グリーンチャンネルカップのハットラブの1頭のみ。データを信じて前走1400m戦組を軸にするか、今年は例外と考えて1200m戦組を主軸に考えるか…。

脚質後ろからいく馬が優勢

脚質別データでは、差し(4-5-5-47)、追込(3-3-3-40)となっており、馬券のほとんどを占める。

横山騎手と内田騎手

横山騎手が好相性で、このレースの成績が(2-1-1-3)。内田騎手も(2-0-1-3)で、15年から現在3年連続で馬券になっている。横山騎手騎乗のハットラブと、内田騎手騎乗のキングズガードは馬券に加えておくべきだろう。但し、7歳以上馬で当日9番人気以下なら(0-0-0-28)の成績だから、7歳のキングズガードについては当日のオッズに注目。

買ってはいけない

単勝オッズ100倍以上(0-0-0-21)
7歳以上で当日9番人気以下(0-0-0-28)
前走1200m以下で当日9番人気以下(0-0-1-37)
間隔10週以上で当日3番人気以下(0-0-0-24)

人気データ

1番人気 (0-1-1-8)
2番人気 (1-1-2-6)
3番人気 (3-2-0-5)
4番人気 (3-1-0-6)
5番人気 (1-0-1-8)
6番人気 (1-0-1-8)
7~9人 (0-4-4-22)
10人以下(1-1-1-64)

年齢データ

3歳 (1-0-0-6)
4歳 (4-1-2-23)
5歳 (3-5-4-34)
6歳 (2-3-2-29)
7歳上(0-1-2-35)

性別データ

牝馬  (1-0-1-13)
牡・セン(9-10-9-114)

所属データ

関東(1-3-2-29)
関西(9-6-6-88)
地方(0-1-2-10)

枠データ

1枠(4-1-0-14)
2枠(1-0-1-18)
3枠(0-1-1-17)
4枠(0-3-2-15)
5枠(1-0-0-18)
6枠(0-2-3-15)
7枠(2-1-2-15)
8枠(2-2-1-15)

脚質データ

逃げ(2-0-0-8)
先行(1-2-2-32)
差し(4-5-5-47)
追込(3-3-3-40)

前走データ

中央重賞(2-1-2-15)
OP特別(6-6-5-67)
1600万下(2-0-0-13)
地方(0-3-3-30)

前走距離データ

1000m(0-0-0-2)
1200m(1-4-3-71)
1400m(7-5-5-41)
1600m(2-1-2-10)
1800m(0-0-0-2)

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

-今週の重賞レース過去データ
-, , , ,

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2018 All Rights Reserved.