南関東競馬無料予想 今週の重賞レース過去データ

2018年12月29日(土) 東京大賞典予想 過去データと傾向

投稿日:

堅い

過去10年の1番人気馬は(4-4-2-0)。連対率80%、複勝率100%で、抜群の信頼度。2番人気も(3-4-1-2)で連対率70%、複勝率80%。3番人気の(2-2-2-4)と合わせれば、2連勝式の馬券はこの上位3頭で十分。馬連平均配当は507円で、買い目を絞る必要がある。

ステップレース

(8-0-8-17)のチャンピオンズカップ(旧JCダート含む)組が馬券の大方を占め、出走頭数から見ても好走率は高い。馬券の軸はもちろんこの組からが絶対で、ヒモもこの組から選定するのが妥当。チャンピオンズカップ組から大きく来引き離されて次にくるのが浦和記念組で(1-0-1-10)。3着以内に入った2頭は、いずれも浦和記念の優勝馬だった。
ちなみに、前走がJBCクラシックよりも前だった馬の成績は(0-0-1-27)。休み明けはバッサリでいい。

チャンピオンズカップ2桁着順からの巻き返しは困難

チャンピオンズカップで2桁着順だった馬で、ここで馬券になったのは3頭のみ。うち2頭は前々走でJBCクラッシックを勝利していた本来の実力馬で、実力を発揮できたかたちになった。これ以外は軽視していい。12年トランセンド、13年ローマンレジェンドでも2桁着順からの巻き返しはできなかった。

JBCクラシック優勝馬

同年のJBCクラシック優勝馬の成績は(3-5-1-1)で、過去10年皆勤賞、尚且つ複勝率90%。人気にはなるが、馬券からは絶対に外せない。

関東馬は割引

関東馬の成績は(1-1-1-17)。この馬券になった3回は、15年~17年のサウンドトゥルー。同馬以外の関東馬で馬券になった馬はいない。

内田騎手

内田騎手は過去6回の騎乗で(2-1-1-2)の成績。このうち、人気よりも着順が下だったのは1頭だけ。大井を知り尽くした元チャンピオンジョッキーの騎乗馬に注目。

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

オススメ競馬予想サイト

1

競馬予想サイト『勝ち馬の定石』より 珍しくポイント情報が最終レースでしたね。 自信があるのかな?と思い、本命にされていた2番のルナーワンダーの単勝を買って見ました。5倍の単勝でしたが、見事1着。若干の ...

-南関東競馬無料予想, 今週の重賞レース過去データ
-, , , ,

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2019 All Rights Reserved.