みんなの競馬予想

アンカツ「ジャパンカップの衰退は馬場造園課の作りだす高速馬場のせい」~みんなの競馬「馬場造園課が諸悪の根源」

投稿日:

アンカツ 高速馬場に騎乗ルール…日本競馬の問題点に警鐘鳴らす

ビッグレースでは先鋭的な指南で我々を勝利に導いてくれる安藤勝己元ジョッキーは、「競馬のご意見番」としても革新的な立場を取る。世界レコードを叩き出せる日本競馬は、これからもずっと安泰? いやいや、過度な時計信奉、安全第一の騎乗スタイル…今、まさに進行中のガラパゴス化に警鐘を鳴らした。

 読者の皆さん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします…なんて、紋切り型の口上は俺には似合わんかな(笑い)。

 冗談はさておき、改めて2018年の競馬を振り返ってみようと思うんやけど…。その手の話になると、いの一番に挙がるんはアーモンドアイや。牝馬3冠に加え、ジャパンCも圧勝と、まさに八面六臂の大活躍。特にJCの2分20秒6っていう、とんでもない世界レコードは衝撃以外のなにもんでもなかったわ。

 ただ、あのJCに関しては手放しに喜べん。アーモンドアイの快走を「正」の面とするなら、確実に「負」の面も存在しとるからな。「負」の面とは一体なんぞやって、JCの存在意義に関わることや。

 もともと、JCは「世界の競馬に追いつき追い越せ」って思いから始まった国際競走なんやけど、近年のJCは国際競走に値するレースではなくなっとるのが現実や。参戦した外国馬は18年は2頭、多くて4頭ってとこやで、「国際競走」の冠をつけるのはちょっとおこがましいというか…。

 結果もひどいもんや。最後に外国馬が勝ったんはアルカセット(05年)やったっけ。今や日本馬の独壇場、外国馬は頭数合わせって感じやからな。

 対照的に日本からはドバイだ、香港だ、凱旋門賞だと、こぞって海外に遠征するようになっとる。海外の大レースは日本馬というか、日本の関係者にとって大きな魅力になっとるけど…。逆に外国の関係者にとってJCは魅力を感じないレースってことになるわけや。

 じゃあ、どうしてそんなことになったんか? よく言われるんは「JCは効率が悪い」って点やな。ドバイや香港の国際競走は一日にいくつもGIがあるで、複数の馬を連れて行けるのに対し、JCの場合は単独やからね。ましてJCの後に一日でGIが4競走施行される香港国際競走が控えとるってなれば、海外の関係者はどうしても香港を選びがちになるって話や。

 でも、ホンマに理由はそれだけなんやろか? まあ、効率うんぬんも要因のひとつになっとるんは間違いないとこやけど、他にも無視できん理由がいくつかある。

 なかでも一番大きいんは「馬場」の問題やね。アーモンドアイの超絶レコードを持ち出すまでもなく、日本の競馬場が異常な高速馬場なんは周知の事実や。当然、海外にも知れ渡っとる。となると、時計のかかる重い芝で競ってきた外国の関係者が「あんな軽い芝じゃ、日本馬が勝つに決まっとる」とばかりに敬遠しがちになるのは当然の話やろ。まあ、勝負以前に硬い馬場が馬の脚に良くないと考える関係者も多いやろしな。

 それと「騎乗」に関する日本のルールもネックになっとると思うわ。海外のレースではジョッキー同士の間でシビアな駆け引きが行われとるのに対して、日本は基本的に「安全」が優先されがちや。外国人騎手からすれば、勝つために狭いところに突っ込んでくなんてのは当たり前の話なんやけど…。日本ではそれが(騎乗停止などの)処分される、されないは別にして、“よろしくない”的なムードがあるからな。多くの外国人ジョッキーが「日本流はおかしい」と思っとんのも事実や。「勝負」に対してシビアな海外の競馬関係者からすれば、日本のルールは「甘い」と言われても仕方ないやろね。

 馬場の問題にせよ、騎乗の基準にせよ、日本独特のものがあると受け取られていること自体が大きなマイナスになっとるんは確かやな。鎖国というか、日本だけで競馬をやっとるんならそれでもかまわんかもしれん。でも今は国際交流が盛んやし、日本も積極的に世界を目指しとる時代やろ?

 何より日本は「パートI国」として認められとるんやから。馬場にしても、騎乗に関するルールにしても、「世界基準」にのっとったものにするんがフツーの考え方のはずや。

 日本だけでしか通用せんようなことをしとっては、真の意味での国際交流は成立せんし、いずれは見放されるだけ。JCが外国の関係者から見向きもされなくなりつつあることが、まさにそれを証明しとる。ってことで、いろんなことを“抜本的に見直す時期”に来とるんやないかって思う今日このごろやな。

【プロフィル】あんどう・かつみ 1960年3月28日生まれ、58歳。愛知県一宮市出身。76年に公営・笠松でデビューし、トップジョッキーとして長らく君臨。2003年にJRAに移籍すると、08年まで連続100勝以上するなどリーディングの上位で活躍。JRA・GI勝利は04年ダービー(キングカメハメハ)、08年有馬記念(ダイワスカーレット)など22勝、07年にはGI・6勝を記録した。公営在籍時を含めてJRA通算1111勝。13年1月に引退し、競馬評論活動を展開。本紙で「GIはアンカツに聞け!!」を大好評連載中。

最終更新:1/1(火) 12:03
東スポWeb
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190101-00010007-tospoweb-horse

珍しくまともなことを言うアンカツ
アンカツがまともなことを?!
あんな馬場で大幅更新レコードとかレース自体価値がなくなる
アーモンドアイも被害者、もとい被害馬かw
馬場造園課が諸悪の根源
ほんとにアンカツこんな長い文章書けるの?
原文ママでたまには記事作って欲しい
あどねー競馬会がねー、芝生をね
色々やってねーうんと速くなっちゃっだど
んでよジャぱんカップが駄目よーな
こういうのは記者がアンカツと会話をして内容を文章に起こしているだけじゃないかな
聞き手が書きたい内容を話題にしてそれを話し手が否定しなければ話し手が言ったことになるやつ
1回・3回・5回の開催終了直後に補修張り替えをしたあとは一切手を入れるな
芝刈りもレース間のペタペタもやるな
もう地盤からして高速馬場仕様
だから枯れようが芝の根があるのでもうどうしようもない
現役騎手が散々文句言ってるじゃん
前が止まらない前が止まらないって
誰のための馬場なんだよ
だったら前目のポジション取ればいいだけだろ
馬場が問題なのは確かだが、その話と日本のゴミ騎手どもがまともな競馬出来ないことは別問題や
馬場は早くなったけどJCで来る血統の傾向が変わらないのが不思議
今年の異常なタイムでもキングマンボとトニービンが上位を占めた
これって岡部さんの現役時代から、なんども言っていたよね。
前が止まらないのわかってて人気馬を放置してる騎手の方が問題だろ。
宝塚記念と札幌記念は香港の熊なら来てくれそう
芝を長くして、クッション効かせるだけで2400なら5秒くらい簡単に変わる
有力者の要望次第でどーにでもなる、JRAは厳格にコース状態を管理して正確な情報を伝えることをしないと公正競馬にはならんのだよ

芝丈なんてなんの意味もないだろ。
人間が芝の上走ってもペシャンコになって地面の衝撃受けるのに
その10倍近い体重で、さらに全力疾走することによって数倍の衝撃で踏んでるんだから。
それに一昨年凱旋門やってたシャンティイは芝丈10cmで発表してたぞ。
むしろ地面の下の根っこや土とかの路盤の素材だろ。
芝でサッカーやるときと砂利でサッカーやるときはやっぱり違うよ体への負担は
芝は弾む
芝生えてるとこの地面は土で砂利じゃないでしょ
NHKマイル勝ったダノンシャンティ故障したのも高速馬場のせいとか言及してたな
バカ正直にホームアドバンテージを無くす必要は無い
色々なスポーツで自分達に都合のいいルール改正する欧州人の様に図太くていい
欧州ってのがどこを想定してるかはわからんけど仮にロンシャンあたりと似たような馬場にできたとして
それでJCに外国馬が来るようになると思うの?

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

-みんなの競馬予想

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2019 All Rights Reserved.