今週の重賞レース過去データ

2019年2月17日(日) フェブラリーステークス過去データと傾向&馬柱付き競馬予想新聞PDF

更新日:

東京競馬場芝1600m

フェブラリーステークス予想競馬新聞

近年は堅め

過去10年の1番人気馬は(3-2-3-2)で複勝率80%。目下5年連続馬券圏内を継続中。2番人気馬(2-1-2-5)、3番人気馬(1-2-1-6)も、複勝率で見れば人気なりの成績。上位人気3頭が揃って馬券から外れたことは1度もなく、過去10年のうち7回は1番人気~3番人気のうち2頭は3着以内に入っている。
2014年までの6年間は馬連万馬券も3回出ているが、2015年から昨年までの4年間は20倍以下の堅い決着が続いている。

ステップレース

根岸ステークス組が(3-2-1-51)。出走頭数のわりには好走率が低い。同じ3勝を挙げるチャンピオンズカップ組(JCダート含む)が(3-2-2-6)と高確率。地方交流G1も川崎記念組が(1-3-2-10)、東京大賞典組が(0-1-4-10)。やはり前走G1組が強い。
他には2013年に開催時期が1月に移設され、フェブラリーステークスの前哨戦となった東海ステークス組が(2-1-2-9)。こちらもこれからは要警戒。

根岸ステークス組

根岸ステークス組(3-2-1-51)ではハッキリとした取捨のラインがある。根岸ステークスで馬券になった6頭は全て同レースで3着以内に入っていた。同レースで4着以下だった馬は(0-0-0-33)で、バッサリ切れる。

7歳以上のリピーターに要注意

7歳以上の成績は(0-3-3-51)だが、馬券になった6頭中5頭は過去にフェブラリーステークスで3着以内に入ったことのあるリピーターだった。今回の出走予定馬でみると、ノンコノユメ(2018年優勝馬)とモーニン(2016年1着馬)が該当する。両馬は軸にはできないが、3連馬券の片隅にでも加えていてもいいかもしれない。
ちなみに7歳以上馬で当日10番人気以下は(0-0-0-35)。1頭も馬券になっていない。

買ってはいけない

7歳以上で当日10番人気以下(0-0-0-35)
関東馬で当日4番人気以下(0-0-0-21)
前走根岸Sで4着以下(0-0-0-33)
前走6番人気以下(0-0-0-17)

人気データ

1番人気 (3-2-3-2)
2番人気 (2-1-2-5)
3番人気 (1-2-1-6)
4番人気 (1-1-1-7)
5番人気 (0-3-0-7)
6番人気 (1-0-1-8)
7~9人 (1-1-2-26)
10人以下(1-0-0-68)

馬齢データ

4歳 (4-3-1-25)
5歳 (4-3-4-19)
6歳 (2-1-2-32)
7歳上(0-3-3-53)

性別データ

牝馬  (0-0-0-9)
牡・セン(10-10-10-120)

所属データ

関東(1-2-0-24)
関西(9-7-10-101)
地方(0-1-0-4)

枠データ

1枠(1-0-1-18)
2枠(3-2-1-14)
3枠(0-1-3-16)
4枠(0-1-0-19)
5枠(0-1-4-14)
6枠(2-0-1-17)
7枠(2-4-0-14)
8枠(2-1-0-17)

脚質データ

逃げ(1-0-0-9)
先行(5-3-2-28)
差し(2-4-6-49)
追込(2-3-2-43)

前走データ

チャンピオンズC(3-2-2-6)※2014年までのJCダート含む
川崎記念 (1-3-2-10)
東京大賞典(0-1-4-10)
根岸S   (3-2-1-51)
東海S   (2-1-1-10)
JBCスプリント(0-0-0-1)
OP特別  (1-0-0-10)
1600万下 (0-1-0-1)

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

オススメ競馬予想サイト

1

競馬予想サイト『キングダム』より 元JRA名物厩務員の笹原正行氏が毎週土日に中央競馬の予想を無料プレゼント! 我々がご提供するものは、ただ1つ!金(利益)になる情報! 競馬歴46年の本当のプロの目線! ...

2

馬生(うまなま)サイトより 負けない競馬!それが「うまなま」の強み。前予想だけでは見えてこない馬場、パドックの状態によるナマの声をお届け。質が違う!ナマにこだわった買い目を是非ご覧ください。無料会員に ...

-今週の重賞レース過去データ
-, , , ,

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2019 All Rights Reserved.