今週の重賞レース過去データ

3月31日(日) 大阪杯過去データと傾向&馬柱付き競馬予想新聞PDF 2019年版

更新日:

阪神競馬場芝2000m

大阪杯予想競馬新聞

大阪杯過去データ2019年版

※大阪杯は、2016年までG2として開催、2017年にG1に昇格。
2016年までは天皇賞春の前哨戦という位置づけでしたが、2017年のG1昇格により、ここが本番という位置づけになり、出走メンバー、ステップレースに大きな変化が起こりました。
過去データはG2時代のものも含みますので、参考までに。

堅め

1番人気馬は(4-3-2-1)の成績で複勝率90%。2番人気も(2-1-2-5)で、複勝率50%なら合格点。3番人気(1-0-1-8)は不甲斐ないが、4番人気(1-0-3-6)が複勝率40%なら十分それを補っている。
G2時代も含めて1番人気は信頼でき、G1昇格後の17年、18年も1番人気馬が連勝している。
ちなみに10番人気以下は全く馬券になっていない。

ステップレースは前走G2以上

過去10年で前走がG3だった馬は(0-1-0-28)と不振。それだけレースのレベルが高いことを伺わせる。前走別で好走率が高いのは有馬記念組(2-1-3-9)とジャパンC組(1-1-1-2)。G2では京都記念組(1-2-2-8)と、2017年から大阪杯のステップレースとなった金鯱賞組(1-1-1-8)。特に金鯱賞組は2017年に2着、3着。2018年に1着馬を輩出している。

前走G1組

前走有馬記念組(2-1-3-9)だが、有馬記念で7着以内に入っていれば(2-1-3-3)と確率はグンとアップする。今回、前走有馬記念組はキセキとブラストワンピースとキセキだが、両馬ともにこれに該当し、好走確率は高い。
前走ジャパンC組(1-1-1-2)で馬券になった3頭は全てジャパンカップでの連対馬。今回は前走同レースはいないが、前々走ならキセキがまたしても該当する。

内枠不振

枠順別データでは1枠が(0-0-0-11)と全く馬券になっておらず、2枠(0-0-2-10)も3着に2頭入ったのみ。

買ってはいけない

単勝オッズ100倍以上(0-0-0-37)
7歳以上(0-1-0-30)
前走10着以下(0-0-0-27)
前走1.0秒以上負け(0-0-0-30)
前走G3・OP特別・条件戦で2番人気以下且つ当日7番人気以下(0-0-0-36)

人気データ

1番人気 (4-3-2-1)
2番人気 (2-1-2-5)
3番人気 (1-0-1-8)
4番人気 (1-0-3-6)
5番人気 (0-1-1-8)
6番人気 (2-2-1-5)
7~9人 (0-3-0-26)
10人以下(0-0-0-39)

年齢データ

4歳 (5-4-3-19)
5歳 (4-3-2-22)
6歳 (1-2-5-27)
7歳上(0-1-0-30)

性別データ

牝馬  (1-0-2-6)
牡・セン(9-10-8-92)

所属データ

関東(0-3-0-27)
関西(10-7-10-71)

枠データ

1枠(0-0-0-11)
2枠(0-0-2-10)
3枠(1-4-1-9)
4枠(2-0-2-11)
5枠(1-3-1-13)
6枠(1-1-1-16)
7枠(2-1-1-15)
8枠(3-1-2-13)

脚質データ

逃げ(0-1-1-8)
先行(3-4-3-23)
差し(3-3-5-38)
追込(3-2-1-28)
マクリ(1-0-0-1)

前走データ

有馬記念(2-1-3-9)
中山記念(3-1-0-13)
京都記念(1-2-2-8)
ジャパンC(1-1-1-2)
凱旋門賞(1-0-0-0)
アメリカJCC(0-1-1-2)
金鯱賞(1-1-1-8)
中日新聞杯(0-1-0-10)
小倉大賞典(0-0-0-5)
中京記念(0-0-0-6)
OP特別(1-0-0-15)
条件戦(0-1-0-3)

貴方にピッタリの競馬サイトはこちら
↓ ↓ ↓

クリックのご支援よろしくお願いいたします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 競馬ブログへ

オススメ競馬予想サイト

1

競馬予想サイト『キングダム』より 元JRA名物厩務員の笹原正行氏が毎週土日に中央競馬の予想を無料プレゼント! 我々がご提供するものは、ただ1つ!金(利益)になる情報! 競馬歴46年の本当のプロの目線! ...

2

馬生(うまなま)サイトより 負けない競馬!それが「うまなま」の強み。前予想だけでは見えてこない馬場、パドックの状態によるナマの声をお届け。質が違う!ナマにこだわった買い目を是非ご覧ください。無料会員に ...

-今週の重賞レース過去データ
-, , , ,

Copyright© 最強競馬ガジェット , 2019 All Rights Reserved.